KNOWLEDGE

選び方のポイント

たくさんのブランド、アイテムから何をどう選ぶ?

多くのブランド&ショップからさまざまなアイテムが出ているブライダルインナー。どんなポイントに気をつけて選べばよいのでしょう?選び方の注意点や購入までの流れなどを解説しています。

FLOW

ブライダルインナー選びの流れ

ブライダルインナーを選ぶ時は、まずウエディングドレスのデザインを確認することが大前提です。ドレスのデザインを確認した上で、自分がどんなシルエットを作りたいか、気になる部分はどこかを絞り込んで、目的に合わせてチョイス。試着して使用感を確認した上で購入する、いうのが大きな流れになります。

自分に必要なインナーを調べる

インナーはドレスありき。
デザインは把握しておこう

ブライダルインナーの選び方として重要なのが「どんなドレスを着るのか」ということ。たとえば胸元や背中が開いたドレスなら、ブラの肩紐なしでもバストラインがきれいに見えるインナーが必要ですし、マーメイドのような体のラインが出やすいドレスはガードルなどが欠かせません。またお色直しをする人で、タイプの違うドレスを着る場合は、共通で使えるか、別にインナーが必要なのかもチェックしておくことが大切です。

どんなシルエットにしたいか

胸をキレイに見せたい、大きく見せたい、小さく見せたい、脇肉を隠したい、お尻を小さく見せたい…などの希望によって、選ぶアイテムや小物が違ってきます。自分の悩みや要望をきちんと把握しておくことを説明してください。

悩みは人それぞれ。
大事にしたいポイントを絞って

ドレスのデザインを把握したら、今度はそのドレスを着た時にきれいなシルエットをつくるには、どのパーツをどう補正したいのかを考えてみましょう。胸のボリュームをアップしたい、小さく控えめに見せたい、お腹をスッキリさせたいなど、気になるところは人それぞれ。必要な場所にボリュームを出し、スッキリさせたい場所をシェイプさせるインナーを選ぶといいでしょう。

サイズを正しく測る

ジャストサイズはインナーの命!

せっかくお金を出してわざわざブライダルインナーを買ったのに、サイズが合っていなければせっかくの機能も発揮できません。店舗やフィッティングサロンなどでは採寸してもらえるので安心ですが、ネット通販など試着できない場合は必ずサイズの確認をして、一番近いサイズのものを選びましょう。女性の中には自分の正しいサイズを知らない人も少なくありません。正しい測り方を調べて、実際に採寸してみることをおすすめします。

できるかぎり試着をする

フィット感とシルエットは
試着しないとわからない

ブライダルインナーは普段使いのインナーとは素材も着心地も大きく違う下着。1人1人の体型は違いますので、数値上はジャストサイズでもデザインや素材の関係できつく感じたり、逆にゆるく感じたり、イメージしていたような補正力が出ない場合もあります。そのため購入する際はできる限り試着して、フィット感を確かめましょう。着るドレスを用意できるようなら、ドレスと一緒に試着すれば、シルエットが確認できるのでおすすめです。

POINT

まずは胸元のチェック。ブラジャーのカップ上が浮く感じがないか、ワイヤーに隙間ができないか、アンダーバストがきつすぎないか確認しましょう。またウエストまわりがきつすぎると当日体調不良になりやすいので、締め付けが強すぎないかをチェック。

ブライダルインナー選びのポイント3点

ブライダルインナー選びの流れの概略は、以上で理解いただけたと思います。ここではさらにブライダルインナーを選ぶときのポイントを3点を深掘りしてみます。
ブライダルインナーを選ぶときは、「補正力(機能性)」「ドレスとインナーのデザインの整合性」「価格」の3点を軸に考えてみると良いでしょう。

◆補正力(機能性)を重視して選ぶ

ブライダルインナーを選ぶときに最も重視したいポイントは、やはり補正力(機能性)。せっかく素敵なドレスを選んでも、補正力がすぐれていなければ、ドレスの良さを引き出すことができません。ブライダルインナーの試着時には、自分だけで補正力の良し悪しを決めるのではなく、かならず専門のスタッフさんに全身360°をチェックしてもらい、自分の体型をより美しく見せる商品を選んでください。

また、補正力とともに機能性にすぐれたインナーを選ぶことも大事。挙式や披露宴は一日がかりのイベントです。二次会にもブライダルインナーを着用したまま参加、ということもあるでしょう。お色直しを除いて、披露宴の最中に離席することは、とても難しくなります。着用感、汗の吸収性、速乾性、肌触りなどを始め、長時間着用してもドレスが下がらないような滑り止め効果があるかどうかなど、機能性を多面的にチェックしてみてください。

◆ドレスとインナーのデザインの整合性を重視して選ぶ

ドレスのデザインに合ったブライダルインナーを選ぶことも大切です。ドレスを着たときにブライダルインナーがはみ出していた、などということになっては大変です。はみ出すまでは行かなくても、体のシルエットがキレイに出るかどうか、またドレスの形が美しく仕上がるかどうかなど、ドレスとしっかり合ったブライダルインナーを選ぶようにしてください。お色直しで違ったタイプのドレスを着る予定のある人は、それぞれのドレスに合ったインナーを用意しておく必要があります。

ドレスには、様々なタイプがあります。Aラインやプリンセスラインがメジャーですが、他にもマーメイドラインやエンパイアライン、スレンダーライン、マタニティラインなどたくさんあります。自分のドレスにはどのようなブライダルインナーが合っているのか、プロのスタッフさんに相談しながら商品を決めていくようにしましょう。

◆価格を重視して選ぶ

披露宴には決して安くない費用がかかります。新婚生活に備えるためにも、なるべくなら総コストを抑えていきたいところです。ただ、挙式や披露宴は一生に一度の大イベント。たとえお金がかかってでも譲れない部分はあるでしょう。 そのような中で、人によっては、参列者の目に見えないブライダルインナーで節約をしたいと考えるかも知れません。ちなみにブライダルインナーの価格相場は次の通り。

・ビスチェ…10,000~20,000円程度
・ブラジャー…8,000~12,000円程度
・ウエストニッパー…10,000~15,000円程度
・ガードル…6,000~15,000円程度
・フレアパンツ…6,000~12,000円程度

ブライダルインナーで節約をお考えの方は、これらの価格相場を参考にしてみてください。なお、安すぎる商品を買った結果、補正力が不十分だったとなっては、ブライダルインナーを着用している意味がありません。商品がしっかりしていることを前提にし、そのうえで節約を考えるようにしましょう。

以上の3点がブライダルインナーを選ぶときに重視すべきポイントです。 花嫁の体型は様々です。理想のドレスのタイプも、人それぞれでしょう。目に見え合いインナーにはなるべくお金をかけたくないという方も、多くいらっしゃいます。体型が違い、結婚式・披露宴に対する考え方が人それぞれである以上、最終的にはブライダルインナーもご自身の基準で決めるしかありません。ただ、これから衣装について勉強する人や、インナーに特に強いこだわりを持っていない人は、上記の3点を軸にブライダルインナー選びをしてみてください。

これらのポイントの中でも、特に補正力は大事です。花嫁の個性と美しさを演出するのはドレスですが、そのドレスの魅力を最大限に引き立てるのはボディメイク。バストをしっかりと上位にキープし、ウエストに自然なくびれを演出することこそ、ドレスの魅力を最大限に引き出す大きなポイントです。 まずは補正力を最重視し、そのうえでデザインや価格も加味してブライダルインナー選びをしてみてください。

いつまでに決めるべき?選ぶ時期は?

結婚式場が決まったら衣装選びを始めます。結婚式の半年前くらいから選び始めるのが良いとされています。一方ドレスに欠かせないブライダルインナーは、いつ決めたら良いのでしょう。

インナーは、ドレスをよりきれいに魅せるために身につけるものです。デザインによってインナーの種類が変わるため、ドレスが決まった後に選ぶことになります。

ドレスのデザインを決めてから!

ウエディングを着てみたら、背中の編み上げから下着が見えていた!なんてことにならないよう、ドレスのデザインに最適なブライダルインナーを選ぶことが大切。ドレスのデザインがだいたい決まってから、ブライダルインナーを選ぶと失敗を防げます。どんなインナーがあるのか、自分の好みはどんなデザインかなど、予備知識をつけておくと選びやすいかもしれません。

ダイエットするならインナーを買う時期に注意

結婚式の前にダイエットを計画している方は、ブライダルインナー選びに注意が必要です。体型が定まってから、ドレスとインナーも選ばないとサイズが合わないということになってしまいます。もちろん、インナーを買ってから、太ってしまうことのないように、体型維持も大切。

インナーは補正効果が優れているので、何度か試着しておくと締め付け感がわかり、体型維持の目安になるでしょう。

ブライダルインナーの種類はどれを選べばいい?

ブライダルインナーは、ドレスを美しく着るためにボディラインを整える補正下着です。種類によって、役割や機能が変わってきます。それぞれの特徴を知って、最適なインナーを組み合わせれば、すてきなボディラインに近づけるでしょう。

レース生地を選ぶ

ブライダルインナーは、スタイルを補正したり、ドレスが落ちないようにしたりする役割があります。そのため、ブライダルインナーの生地はいろいろな種類があります。

重たいウェディングドレスをきちんと支えるなら、レース生地がおすすめです。生地に凸凹があり、滑り止めのような効果を発揮してくれます。優雅なレースデザインのインナーは、身につけているだけハッピーな気分になれます。

生地が薄いドレスならロングビスチェ

ストラップや肩ひもがない、胸からの流れるようなシルエットが特徴です。長さはウエストまであり、ブラとニッパーが一体化になっています。

生地が薄いウェディングドレスは、ロングビスチェでレースがないタイプがおすすめ。ブラとニッパーが分かれたタイプのインナーを着ると、ドレスからインナーのレースが分かってしまうことがあります。また、マーメイドラインのような体にぴったりタイプのドレスにもNG。分かれている部分から針金が浮き出てしまうことがあります。

バストとウエストをそれぞれ矯正したいならセパレート

ブラジャーとウエストニッパーが、別々になったタイプのインナーです。体型やドレスのデザインに合わせて、別々に購入できます。ふわりとした着心地のビスチェと比較すると、優れた補正効果を実感できるのがメリット。ブラジャーの下にウエストニッパーを入れるように着るので、バストラインとシルエットを美しい状態で、キープしやすいのが特徴です。挙式後は普段使いできるインナーです。ブラジャーとウエストニッパー、それぞれ単品で使用できるので、挙式後も気軽に着まわせます。

バストアップからダウンまでできるブラジャー

ブライダル専用のブラジャーやロングブラジャーは、トップを高くするのが目的。バストをしっかりと下から支えて、女性らしい美しいラインを作り出します。ボリュームアップからサイズダウンまで幅広く対応して、ウェディングドレスにぴったりなバストシルエットに。

バストの下が少し長めにできているセミロングタイプが主流です。背中が大きく開いたドレスでも、ホックの位置が下側にあるので心配なく着用できるのも嬉しいポイント。腰回りを補正するウエストニッパーと併用するのが一般的です。

くびれをつくるウエストニッパー

腰にくびれを作り美しい姿勢を保ってくれるのが、ブライダル専用のウエストニッパーです。アンダーバストから腰回りをサポート。ロングブラに重なるよう着るのでバストを下から支えてくれます。くびれだけでなく、バストのボリュームアップ効果もあるアイテムです。

きつすぎない程度の締め付け感で、気持ちよくくびれを維持できます。

快適に過ごせるフレアパンツ

キュロットタイプのインナーで、ドレスの足さばきをよくしてくれるアイテムです。ドレスの内側は蒸れる・静電気が起きて動きにくいなど、ストレスがあるもの。フレアパンツを履いておくことで対策ができ、ドレスを着ていても快適に過ごせます。

着替え時のエチケット対策にも◎。花嫁はお色直しの時など、人の目がある場所で着替えなくてはいけないこともあります。フレアパンツはそんな時の気遣いとしても、使用されています。

ウエストとヒップを整えるガードル

下半身をスリムにデザインしてくれるインナーです。すっきりとしたウエストとヒップ、太もものラインが出来上がります。マーメイドタイプや細身タイプのドレス、ラインが出やすいドレス着たときにメリハリのあるボディラインを作れます。

どこで購入できる?

百貨店

ワコールブライダルやスタディオファイブ、ポアモアなどが購入できます。価格が高くなってしまいますが、しっかりとした品質がメリット。百貨店ではバーゲンが開催されていることがあるので、タイミング次第でリーズナブルに買えるチャンスもあります。

ドレスショップ

ドレスショップや貸衣装店では、関連しているブランドのブライダルインナーを取り揃えています。購入前に試着できるので、失敗を防ぐことができます。

値段は百貨店と同じように高め。ドレスショップに置いてあるのはひとつのブランドのみで、いろいろなブランドのインナーを試着することはできません。好きなブランドや試着してみたいブランドが決まっている方におすすめ。

ショッピングセンター、ショッピングモール

ショッピングセンター、ショッピングモールで販売されているブライダルインナーは、低価格で気軽に買えるのが魅力です。百貨店では緊張してしまうという方でも、足を運びやすいでしょう。とりあえず試着したい、商品をみてみたいというときにも◎。

各ショッピングセンターでの割引やセールをうまく利用すると、さらにお得に購入できます。すべてのブライダルインナータイプが揃っているわけではないところが難点かもしれません。

ブライダルインナー専門店

ハグ(hugge)、KEA工房、bridalbloom、LuXY(リュクシー)などがあります。専門店としてブライダルインナーにより特化しているといえるでしょう。販売しているアイテムが多く選びやすいのがメリットです。予算、体型、ドレスに合うブライダルインナーを見つけやすいのが嬉しいポイント。ネット通販をしているお店も多いので、気になるお店があれば検索してみましょう。

ネット通販

お店まで行かなくても購入できるのが大きなメリットです。電車代、移動の時間などを節約できます。実店舗である程度候補を絞ったり、実際に触れてみたりしてから、インターネットサイトで探すと、より好みのインナーを購入できます。返品・サイズ交換ができる・交換する際の送料が無料になるなどのサービスがあるお店なら購入しやすいでしょう。

専門店で買うメリットは?

美しくドレスを着たいなら、できるだけプロがいる専門店で購入するのがおすすめです。インナーは体にフィットしていることが補正の大前提。ブライダルインナーは、メーカーによって大きさが多少違ってくるものなので、試着をして体とのフィット感をチェックしましょう。サイズの調整ができるのも専門店のメリットです。オーダーメイドをすることで、さらにフィットしたインナーをつけられます。

通販で購入するメリットとは?

リーズナブルな価格で買えるのがメリットです。一度しか使わないから安いものが欲しい方におすすめです。式場やドレスショップで購入するよりも、数万円程度、安く買えます。

また、近くに店舗がない、ブライダルインナーをじっくり選ぶ時間がないという方にも最適の購入方法です。通販で購入時に気を付けたいのは、自分で採寸をしてから購入すること。ブライダルインナーが届いたら必ず試着をしましょう。

VOICE

先輩花嫁さんはどう選んだの?

  • イラスト

    ウエストと背中を整えたくてロングブラを購入

    百貨店の下着コーナーでロングブラジャーを購入しました。やはり下着屋は下着屋、専門店で買うのがいいと思いましたし、ウエストを締めたかったことと背中が開いても大丈夫なようにロングブラを選びました。

  • イラスト

    インナー専門店で試着して購入しました

    インナー専門店で上下セット1万4千円ほどで購入しました。ブライダルインナーは小さすぎると金具があたって痛いし、大きすぎるときれいなラインが出ないし、試着して買うのがポイントだと思います。

  • イラスト

    デパートならチョイスいっぱいでおすすめ

    デパートの下着コーナーで買いました。デパートなら数社のメーカーのアイテムを比べながら選べるし、試着して一番ラインがきれいに出るものを選べるのでおすすめです。

  • イラスト

    小さい胸に合うインナーをオーダーメイド!

    ブライダルインナー専門店でオーダーメイドしました。胸が小さいのできれいなラインが出るようにと思って作ったのですが、ドレスショップで出された料金より安くなって得した気分です♪

  • イラスト

    体型を考えてビスチェよりセパレートをチョイス

    オフショルダーのAラインドレスにあわせてロングブラとウエストニッパーを買いました。バストラインにボリュームがないので、ビスチェはずり下がりそうで不安だったので、セパレートにして正解でした。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る