ブライダルインナーNavi > ブライダルインナーとは?おさえておきたい基礎知識 > ブライダルインナーの種類 > どっちがいい?セパレートとビスチェそれぞれの特徴とは?

ビスチェタイプとセパレートタイプ
どっちがいい?

あなたに合ったインナータイプの選び方

ウエディングドレスを美しく着こなすためには、体型に合ったブライダルインナーを選ぶことが重要です。このページでは、ビスチェタイプとセパレートタイプのブライダルインナーについて、2つの違いや特徴、それぞれのメリット・デメリット、どのような人にオススメなのかをご紹介します。

WHAT?

ビスチェタイプとセパレートタイプの違いとは?

ブラジャーとウエストニッパーが取り外せるかどうか

ビスチェタイプとセパレートタイプの大きな違いは、ブラジャーとウエストニッパーが取り外せるかどうか。一枚で上半身を補正できるのがビスチェタイプ、バストとウエストをそれぞれ補正できるのがセパレートタイプとなります。自身の体型、選んだウエディングドレスのデザインに合わせてブライダルインナーを選べば、花嫁姿をより美しく魅せるボディラインに近づけます。タイプやサイズ選びに迷ったら、ショップへ行ってスタッフに相談するのもおすすめ。プロの視点であなたの体型をチェックして、ぴったりなブライダルインナーを提案してくれるでしょう。

PICK UP

ビスチェタイプの特徴

高い補正力かつ苦しくなりづらい一体型インナー

ブライダルインナーの定番とも言えるビスチェタイプ。肩のストラップがなく、ブラジャーとウエストニッパーが一体型になっているのが特徴です。1枚のインナーでウエストまで補正して、上半身を美しく魅せてくれます。バストを高い位置でキープすることにより、メリハリのあるバストラインの維持が可能。ボーンがないものは、長時間の着用でも苦しさを感じづらいのが魅力です。最近では、カップ部分が立体設計になったビスチェも登場。よりキレイなバストラインへと近づけます。

MERIT

ビスチェタイプのメリット・デメリット

ビスチェタイプのメリット

ウエディングドレスのラインをすっきりと魅せてくれる

バストからウエストまで一体型になっているので、下着のラインが分かりにくいのがメリット。薄手のドレスでも着膨れせず、すっきりとしたボディラインを実現してくれます。

締め付け感が少ない

セパレートタイプと比べて締め付け感が少ないため、着心地の悪さや圧迫感を軽減できます。「下着の締め付けが強くて気分が悪くなってしまった…」となってしまっては、せっかくの挙式が台無しに。ビスチェタイプなら、楽に体型を補正できます。

ビスチェタイプのデメリット

極端な体型の補正には向いていない

1枚のインナーでバストとウエストの両方を補正するので、アンバランスな体型の補正には向いていません。例えば、ウエストは平均サイズだけどバストのサイズが小さめな人、ウエストが極端に細すぎる人など。自分の体型に合わせた補正をしたい人には、ビスチェタイプのブライダルインナーは不向きだと言えます。

PICK UP

ウェディングドレス用ビスチェ おすすめブランド

ブライダルインナーブランドの中で、ビスチェに力を入れているおすすめショップをご紹介します。

  • bridalbloom(ブライダルブルーム)

    特許3Dフィットワイヤーでバストの悩みを解決

    「バストにボリュームがない」「カップが浮いてしまう」といった花嫁の悩みを、3Dフィットワイヤーで解決してくれるブライダルブルーム。くの字になっている3Dフィットワイヤーが、バストラインをキープしつつ、カップの浮きを防止してくれます。

    シンプルなビスチェでドレスにひびきにくい

    ブライダルブルームでは、ドレスにひびきにくいノンレースビスチェが人気です。素敵なウェディングドレスでも、インナーの線が見えてしまうと勿体ないもの。ドレスが凸凹にならないようなすっきりしたデザインが、体をより一層魅力的に見せてくれます。

    bridalbloom 引用元:bridalbloom公式サイト(
    試着の有無 あり
    実店舗 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7 水天宮HSビル3F
    公式サイトURL https://www.bridal-bloom.jp/
  • The D(ザ・ディ)

    姿勢にこだわるブランド

    頭からつま先までの姿勢にこだわるザ・ディ。背中がピンと伸びているかだけでなく、顔の位置、肩の高さ、靴のすり減り方までチェックします。誰が見ても「キレイ!」となるように、背中を伸ばす・足や腰のサポートをするインナーの設計になっています。

    豊富な品揃えで自分にぴったりなビスチェを探せる

    ビスチェは、ロングインブラ・美フォルム・エクセル3Dビスチェ・グラマービスチェの4つを取り扱っています。自分のボディラインの悩み、ドレスのデザインに合わせてビスチェを選べるのがポイント。例えば、バストが小さい方にはエクセル3Dビスチェ、大きい人にはグラマラスビスチェがおすすめです。

    The D 引用元:The D公式サイト(
    試着の有無 あり
    実店舗 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ECT3階
    公式サイトURL http://www.shop-the-d.jp/
PICK UP

セパレートタイプの特徴

より体型にフィットした補正力を実感

ブラジャーとウエストニッパーが別々になっており、パーツごとにボディメイクできるのが特徴です。自身の体型に合わせた自由度が高い補正で、ウエディングドレスの着こなしをより美しく魅せてくれます。

ウエストニッパーでバストを下から支えれば、ボリュームをキープすることも可能。アンダー部分でインナーを重ねることで、安定感のあるシルエットを持続できます。

MERIT

セパレートタイプのメリット・デメリット

セパレートタイプのメリット

体型をキレイに補正できる

バストとウエストを別々に補正できるため、体型を活かしたボディラインを実現できます。細かいサイズ調整もセパレートタイプなら簡単。ビスチェタイプよりも高い補正効果を期待できます。

ウエディングドレスに合わせた補正ができる

ドレスに合った体型補正をしやすいのも、セパレートタイプのメリット。例えばAラインのウエディングドレスの場合、バストの位置を高くしてシルエット全体のバランスをとることができます。

挙式後に下着として使用できる

思い出として大事にとっておくのも良いけれど、1回限りの着用にするのはもったいないですよね。ブラジャーとウエストニッパーが分かれているセパレートタイプなら、挙式後も下着として着用できます。

セパレートタイプのデメリット

締め付けが強いため長時間の着用は苦しい

バストを支える安定感がメリットではありますが、同時に締め付けが強いというデメリットも。ボーンやフックの数によって締め付ける度合いが異なりますが、人によっては着心地の悪さを感じてしまうかも。「セパレートタイプのブライダルインナーを着たら、ウエストが苦しくてご飯が食べられない…」というのも納得です。

ビスチェタイプよりも価格が高い

ブラジャーとウエストニッパーを別々に購入しなければならないため、出費が増えてしまいます。ブライダルインナーは通常の下着と比べて割高なものが多いのも特徴。「見えないものにあまりお金をかけたくない」という人には向いていません。

PICK UP

ブライダルインナーセパレート おすすめブランド

  • SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    着心地抜群なインナーを提供

    人間工学を基にしたボーン設計をしているスキュレボーテ。きれいなくびれを実現しながら、インナーを快適なものにしてくれます。ほどよい締め付け感だけでなく、サラリとした生地も魅力。挙式や披露宴で長時間着用していても楽ちんです。

    バストを高い位置に引き上げるウエストニッパーとブラジャー

    スキュレボーテが生み出したのは、バストを下から押し上げるウエストニッパー。ボーンがバストを下から支えて、高い位置でキープしてくれます。ブラジャーは谷間部分にあるリボンで胸の寄せ具合を調節できるようになっており、バストラインの演出が楽しめる商品です。

    SQRE BEAUTE 引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(
    試着の有無 あり
    実店舗 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7 水天宮HSビル3F
    公式サイトURL http://www.bloom-luxe.jp
  • パスパス

    コスパが優れたブランド

    ドレスショップで提供されるインナーと同等のクオリティーながら、比較的リーズナブルな価格で提供しているパスパス。メーカー直販なので、手頃な価格で販売できているのだとか。「費用は抑えたいけれど、妥協はしたくない」という花嫁さんにおすすめです。

    純日本製だから日本人にぴったり

    ブラジャーは日本人女性のバストに合わせたカップになっています。丸みのある胸を高い位置でキープし、ウェディングドレスが映えるボディラインに変身。ウエストニッパーは人体の構造を考え、無理のない設計になっています。純日本製だからこそ、日本人女性のボディラインにぴったりなインナーを生産できているのでしょう。

    パスパス 引用元:パスパス公式サイト(http://www.rakuten.co.jp/paspas/)
    試着の有無 あり
    実店舗 なし
    公式サイトURL http://www.rakuten.co.jp/paspas/

あなたに合うブライダルインナーどっちのタイプ?

2つのブライダルインナーを紹介してきましたが、どちらが自分に合っているのか悩む人も多いはず。

ここでは、それぞれのブライダルインナーがどのような人にオススメなのかをまとめました。

ビスチェタイプがオススメな花嫁

シンプルなウエディングドレスを着る予定の人

Aラインドレスやマーメイドラインドレスなど、薄手でシンプルなデザインのウエディングドレスを着る人はビスチェタイプがオススメ。下着が重なる部分がないので、すっきりとしたボディラインを実現できます。背中が広く開いているので、露出が大きいオープンバックドレスにも◎。

締め付け感が苦手な人

締め付け感が少ないブライダルインナーを探している人には、ビスチェタイプが向いています。「下着特有の圧迫感が苦手」「具合が悪くなりやすい」など、体調が不安定になりやすい人も気兼ねなく着用できるでしょう。

体型・バストサイズが大きめな人

脇や背中に流れてしまうお肉をしっかりと補正できるため、体型やバストサイズが大きめな人に最適です。集めたお肉をカップに入れてしまえば、バストにボリュームを出しながら高い位置でキープすることが可能。メリハリのあるボディラインに仕上げられます。

セパレートタイプがオススメな花嫁

自分の体型に合った補正をしたい人

ブラジャーとウエストニッパーそれぞれのサイズを選べるので、より体型にフィットした補正をしたい人にぴったり。アンダーからバストを支えてボリューム感を出す、ウエストにくびれを出すなど、細かい調整ができます。胸が大きい人やウエストサイズが平均よりも小さい人など、体型のバランスが極端な人にも最適です。

挙式後も下着として活用したい人

単品で着用できるため、挙式が終わった後も下着として使えます。例えば、パーティードレスやタイトな服を着るとき。いつもの下着よりもボディラインを美しく整えて、姿勢や着こなしをより魅力的にしてくれます。

ウエストニッパーは産後の補正下着や腰痛の改善にも◎。出産時に開いてしまった骨盤を正しい位置に戻してくれる効果もあります。

先輩花嫁からのコメント

自分の体型・ドレスに合ったタイプのインナーを選ぼう!

たくさんの人から祝福してもらう挙式は、一生に一度の晴れ舞台。とっておきの日だからこそ、いつもより自分を美しく見せたいですよね。あなたの体型や選んだドレスにぴったり合うインナーを選んで、思い出にのこる挙式にしましょう。
↓ ブライダルインナーブランド&ショップを探したい方はこちら ↓

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る