KNOWLEDGE

結婚式までにやっておきたい花嫁美容

「花嫁美容」とは、結婚式当日に向けて行う美容ケアのこと。花王株式会社の調査によると、結婚式に向けて花嫁美容を行った先輩花嫁はなんと75.9%にものぼります(※1)。

実施した時期は「結婚式の3ヶ月前」と答えた人がもっとも多く(約30%)、次いで「半年以内」。直前ではなく少し余裕のある時期から取り組む花嫁が多いようです。内容としては、最も多かったのがフェイスケアで85%。次いでシェービングが79%、ヘアケアが54%の順になります(※2)。

逆に、花嫁美容について「もっとも後悔している点は?」という質問に対しても「フェイスケアに心残りがある」と答えた人が多かったとのこと(※3)。これは、もっと早い時期から始めていればよかったという後悔もあるのかもしれません。

※1、2、3 『花王株式会社 挙式後1年以内の女性の花嫁美容に関する意識調査(調査機関:2017年10月10日?10月11日、有効回答率は※1…779名/※2…300名/※3…149名)』

挙式6か月~1年前

挙式の6ヶ月前といえば、衣装選びもスタートしますよね。この時期に始めたい美容に関する準備を挙げてみます。

生活習慣の見直し

健康のためという意味もありますし、結婚する時はこれまでの生活習慣を見直す良いチャンスですが、一朝一夕でできるものではありませんから、半年くらい前から少しずつ改善していきましょう。

ダイエットを始める

ドレスを着たときに出る二の腕を細くしたい、ヘアスタイルをアップにしたときにできるだけ小顔に見せたいなど、気になる部分は人それぞれ。

ただし無理な食事制限は絶対にNG。健康があってこそウェディングドレス姿も美しく見えるということをお忘れなく。

美白ケア、日焼け止めの徹底

特に春から夏は日焼けしやすい時期。日焼けをして水着やTシャツの型がくっきりついてしまうとウディングドレスを着たときに見た目がよくありませんよね。早いうちから日焼け対策は万全に行ってください。

ヘアケア(髪の毛を伸ばし始めるなど)

ウェデイングドレスを着用する際には多くの人がアップスタイルにしますので、もし自分もアップスタイルにしたい場合は、髪を伸ばし始める必要があるかもしれません。

肌トラブルがあれば皮膚科へ相談

顔や背中のニキビ・吹き出物など肌トラブルがある場合は、早めに皮膚科に相談を。もともと通っている皮膚科がある場合はそこに足を運ぶのが一番良いでしょう。

挙式3か月前

3ヶ月前になると、衣装も決まってきて挙式のイメージもかなり固まってくる時期ですよね。この時期には次のようなケアを行いましょう。

ドレスのフィッティングも決定してくる時期。ブライダルエステのコースなども見直しを

挙式の3ヶ月前となると着用するドレスもだいぶ決まってくるはず。そうすると、どの部分のエステを重点的に行えばいいのかわかってきます。着用するドレスの写真をエステティシャンに見せると、どのあたりを中心に施術すれば良いのか具体的に教えてくれます。

また、家でのケアもどんなことを行えばいいのかも聞けると良いですよね。

ホームホワイトニングをするならスタートする時期

パーツごとのケアにも力を入れて行きたい時期。ここのところ、歯のケアも重視する花嫁が増えてきているようです。

具体的には歯を白くするホワイトニング。方法としては、歯科医に通って行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類がありますが、もし自宅でホワイトニングを行なうのなら、挙式の3ヶ月前がスタートするタイミングです。

当日は写真を多く撮ってもらう事になりますので、真っ白な歯は笑顔をより引き立ててくれるでしょう。

挙式1か月前

1か月前となると、挙式に向けたケアもいよいよ大詰め。この頃に行いたいケアについては次のようなものがあります。

ヘアメイクのリハーサル

当日に着用する衣装に合わせて、どんな髪型にするのかを決める時期。どんな雰囲気にしたいのかというイメージを固めてから打ち合わせに足を運ぶととてもスムーズです。

結婚情報誌やインターネットで、どんな髪型にしたいのかをある程度探していきましょう。

シェービングを試してみる、ネイルを行う予定ならデザインに合わせて自爪を伸ばし始める

1か月前には、ブライダルシェービングのお試しも行っておきましょう。例えば腕や顔、首、背中など衣装から出る部位のシェービングを行うのですが、いきなり直前にシェービングを行うとカミソリまけを起こす心配があります。

ですから、お試しとしていちどシェービングをしておくと安心です。

当日ネイルを行う場合は、デザインによっては少し自爪を伸ばしたほうが良い場合もあります。その場合は、ケアをしながら徐々に爪を伸ばし始めてくださいね。

挙式1週間前~前日

いよいよ挙式直前!仕上げの時期です。

ヘアケア(カラーリングやトリートメント)、まつエク、ネイル、シェービングに行く

最後の仕上げとして、美容院やネイルサロン、エステサロンに行く時期。

当日泣いてしまうことが心配なのであれば、アイメイクにマスカラやつけまつげを利用するのではなく、泣いても影響のないまつ毛エクステの施術を受けるのがオススメ。自然な印象のまま、目元をぱっちりさせられるので、この機会に受けてみるのも良いでしょう。

理想としては、前日に受けてしまうとどうしても慌ただしくなってしまうので、余裕を持って予約を入れておくようにしてくださいね。

パックやシートマスクで当日までスペシャルケア

自分でできるケアとしては、パックやシートマスクで行うスペシャルケア。もしも時間に余裕があれば当日の朝にも行うのも良いのですが、当日の花嫁はとても忙しいですから、無理のない範囲で取り組むようにするのがポイントです。

まとめ 要は「見えるところを重点的にケア」するのがポイント

ここまで時期別に行いたいケアをご紹介してきましたが、突き詰めれば「見えるところを磨けばOK」ということになります。

覚えておきたいのが、意外と「手もと」を見られる場面が多いこと。どうしてもフェイシャルやボディのケアに意識が行きがちですが、手もともお忘れなく。また、この機会に基礎化粧品を変えたりする場合は、自分の肌に合うかどうか見極めが大事なので、早めに行うことが大事ですね。

そして当日に大切なのは「姿勢」。背筋がピンと伸びている花嫁は、それだけで美しく見えるもの。挙式の少し前から背筋を意識して生活すれば、当日も自然とキレイな姿勢をキープできますので心がけてみてください。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る