KNOWLEDGE

結婚式の別撮り(前撮り・後撮り)
はやったほうが良い?

結婚式の「別撮り」というものを耳にしたことがあるでしょうか?これは結婚式とは別に、衣装を身につけて写真を撮ること。挙式の前に撮る「前撮り」も、挙式の後に撮る「後撮り」もどちらも別撮りと言います。 また、撮影する場所についても「ロケーション撮影」と「スタジオ撮影」の2つがありますので、ふたりが出会った思い出の場所や好きな場所、風景、残したいポーズなど、ふたりのこだわりがとことん詰まった写真を残すことができます。

別撮りが人気を集めている理由

まずは「当日とは異なる衣装が着られる」ということが人気の理由。衣装選びの時、素敵な衣装がたくさんあってどれを着ようか決めかねてしまう花嫁もたくさんいますよね。結婚式当日はお色直しをするとは言え、そこまでたくさんの衣装に着替えることができません。また、時間の関係で泣く泣く洋装のみにせざるを得なかった、ということもあるかも。

でも別撮りを行うことで、挙式や披露宴で身につけるものとは別の衣装を身につけられますから、全く雰囲気の異なるデザインやカラーのドレスを着て写真に残すことができます。もちろん結婚式は洋装、別撮りは和装、といった形で撮影することもできるので、さまざまな衣装を着たいという希望があるカップルは別撮りが非常におすすめです。

ゆっくり時間をかけて撮りたい

結婚式当日は、思ったより新郎新婦は慌ただしい1日となるものです。結婚式の直前やお色直しのあとなど、記念撮影などもほんの短時間で行わなければいけないケースがほとんど。ちょっと慌ただしく感じてしまう場合や、「もっと時間をかけて撮って欲しかった」と感じてしまうケースもあるのだとか。実際に、「結婚式当日は時間がなかったため後日改めて撮影を行った」というカップルもいるようです。

別撮りの時にはたっぷり時間をとって撮影するので、こだわりのシチュエーションやポーズでじっくり撮影することができます。

前撮りの場合のメリット

別撮りには「前撮り」と「後撮り」の2種類があります。どちらがいいの?と迷ってしまいますが、それぞれにメリットがあります。

前撮りを行う場合のメリットとしては、「写真を撮影しながら結婚式当日のリハーサルができる」こと。衣装を身につけてヘアメイクを行うことで本番さながらの体験ができるので、いきなり挙式を迎えるよりも緊張せずに当日を過ごすことができます。

また、前撮りで撮影した写真を挙式当日のウェルカムボードをはじめとしたアイテムに使えるというメリットも。席次表やペーパーアイテム、受付のまわりに飾る写真、披露宴で流すムービーなど、結婚式や披露宴では写真を使う場面はたくさんあります。その中に前撮りの写真があると、会場がいっそう華やかになりますし、その会場に訪れたゲストを楽しませることができますね。

後撮りの場合のメリット

結婚式が無事に終わりアルバムを見ていると、「こういう写真も撮りたかった」と思ってしまうこともあるかもしれません。例えばドレス姿で撮影したいシチュエーションがあったけれど、時間の都合で撮影できなかったなど。
後撮りであればこのような希望も叶えられますし、どんな風に撮影するか、イメージもゆっくり考えられるので、結婚式の写真について後悔が残ることもありません。

別撮りの相場は?

別撮りを行うときに気になるのは、やっぱり費用のことですよね。 15?20万円が相場ですが、どの季節に撮影するのか、そしてどんな衣装を選ぶかと言ったところで変わってきます。だいたいの写真スタジオで「前撮りの基本料金」が設定されていますが、その料金で選べるものの中に気に入る衣装がなく、別のものを着たいと考えるのであれば、料金を追加して好きな衣装を選ぶことになります。

また、どんな形で撮影したデータを受け取るかによっても費用は変わってきます。ここのところ、写真データをCD-ROMに保存して受け取るパターンと、Web上にアップロードされたものを受け取るという2つの方法が多くなってきています。どちらも後々結婚式やはがきなどに写真を使うことも簡単にできるようになります。 ただし、撮影データを何カット受け取るのかでまた費用も変動してきますので、プランを決めるときに確認しておくと良いでしょう。中には、撮影した全てのデータを受け取ることができるものもあります。

そしてアルバムを作成するのかどうかも決めなければいけません。アルバムを作成する場合には、プロにお任せすることになりますので、ずっと残しておけるような立派なアルバムが出来上がります。写真スタジオにはたいていの場合は見本が備え付けられていますので、どんな雰囲気に仕上がるのかを見ながら、アルバムを選ぶといいでしょう。

このように、別撮りの時には衣装の他にも取捨選択が多くなりますので、ある程度の予算を決めておくことがポイントです。

先輩花嫁の声

では最後に、別撮りを行った先輩花嫁の声を聞いてみましょう。

  • まるで映画の主人公気分! 開放感と壮大さが魅力のロケーション撮影
    新緑の時期に、雰囲気の良い日本庭園で別撮りをしました。和装をしたいと思っていたので赤い打掛を選んだのですが、周りの景色にとても映えて想像以上に素敵な写真を撮ることができました。
  • 彼とラブラブなツーショット写真はマスト!
    彼は最初のうち緊張していたのですが、フォトグラファーの方と会話をながら撮影していくうちにリラックスしていくのがわかりました。ロケーションフォトだったので近くを知らない方が通ったりしていたのですが、お祝いの言葉をいただけたのが嬉しかったです。
  • 絵になる一枚! 花嫁、花婿ひとりずつの写真
    結婚式を挙げるホテルにあった、スイートルームで撮影。私一人の写真としては、自然光が差し込む中で、ドレスのシルエットを引き立たせるような後ろ姿を撮りました。こだわって選んだドレスをとても美しく撮影してもらえたので満足です。
  • 別撮りの一番人気は和装!
    結婚式では着なかった白無垢を別撮りで選びましたが、鳥肌が立つほど感動してしまいました。それに、紋付袴姿の彼もとても凛々しかったので、やっぱり和装を選んで正解だったなと思います。
  • カラードレスで違う雰囲気を楽しんでも!
    挙式で着るカラードレスは、短い時間しか着られないのですが、別撮りをすると長い時間身につけていられるのがよかったです。それに結婚式で着るドレスと別のカラードレスを選ぶと、違う雰囲気を楽しめる点もいいなと思いました。

大切なのは、どんな写真を撮りたいかというイメージ

別撮りの魅力が伝わったでしょうか。大切なことは、「どんな写真を残したいか」ということ。2人でどんなポーズの写真を撮るか、それぞれ1人でも写真を残すかといったことを撮影前にイメージしておきましょう。そうするとスムーズに撮影が進みますし、何よりとっておきの写真を残すことができますよ。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る