KNOWLEDGE

花嫁の必需品!
ブーケの種類やドレスとの組み合わせ

結婚式で花嫁が持つブーケの始まりは諸説ありますが、男性が野に咲いている花を束ねて愛する女性にプロポーズしたことが始まりと言われています。そして結婚の申し出を受けた証として、花束から1輪抜きとって男性の胸元に挿したのがブートニアの始まり。

結婚式のブーケは、花嫁をさらに美しく見せてくれるアイテムのひとつですが、どんな形にするか、どの花を使うか、そしてカラードレスと合わせるかどうかによっても雰囲気ががらりと変わってくるため、きちんと考えて選びたいものですよね。

ブーケの基本的な形と似合うドレス

ブーケにはさまざまな形がある上に、自分が着るドレスに合う形かいうことも大事な要素。そこで、まずブーケの基本的な形と、そのブーケに似合うタイプのドレスを見ていきましょう。

ラウンドブーケ

半円状のドーム型になるように花を束ねたものをラウンドブーケと呼びます。定番の形とも言えるラウンドブーケは、花が密集しているために見た目もとても華やか。プリンセスラインやAラインなど、ボリュームのあるドレスとの相性が良いと言えます。選べる花の種類の選択肢がとても多いブーケで、使用する花によって印象がガラリと変わります。

オーバルブーケ

花を楕円の形にまとめたブーケ。ラウンドブーケよりもボリュームや長さがあります。涙のしずくに似ていることから「ティアドロップ」とも呼ばれることも。大人っぽくクラシカルな印象でどんなデザインのドレスとも合わせやすい形のブーケですが、特にAラインやベルラインのドレスにマッチ。こちらもさまざまな花を使ってアレンジが可能です。

キャスケードブーケ

「キャスケード」とは「小さな滝」を意味するように、ボリュームのあるトップから、花が下に流れるような縦長のラインが特徴的なブーケ。気品と存在感を感じられるので、教会での挙式にぴったりです。大ぶりの花で作るとより格調高い雰囲気になりますので、クラシカルなデザインのドレスによく合います。スレンダーなシルエットのドレスにも。

クレッセントブーケ

縦長のデザインで、まるで三日月のように緩やかなカーブを描いたブーケ。使う花によってエレガントな雰囲気にも、ナチュラルな雰囲気にもできます。ドレスはマーメイドラインなどスレンダーなタイプのドレスとの相性が良いと言えます。

クラッチブーケ

「クラッチ」は英語で「つかむ」という意味で花を束ねた茎部分を持つブーケのこと。他のブーケよりも茎が長いのが特徴です。花をそのまま束ねたような自然な見た目なので、カジュアルなパーティにピッタリ。ドレスも同様、ナチュラルなデザインのウェディングドレスやマーメイドラインのドレスに似合います。

バック・ボール・リースブーケ

この3種類のブーケは、「持ち手がついている」「片手は腕に下げて持てる」ことが共通のブーケ。Aラインやプリンセスライン、ベルラインなど、可愛らしい雰囲気のドレスに合います。

バックブーケ

パールビーズなどで作った持ち手がついたブーケ。バッグ部分はハート形や四角などにもでき、バリエーションが豊富。「ハンギングブーケ」とも呼ばれます。

ボールブーケ

丸いボール状のブーケで、360度どこからでも花が見えるので非常に可愛らしいデザインのブーケです。持ち手はリボンやタッセル、飾りひも、などで装飾することも。

リースブーケ

丸い輪の形をしたブーケ。「永遠」を意味し、縁起が良いブーケともされています。花だけではなく、グリーンや木の実を使うとがらりと印象が変化しますし、リボンを飾るなどアレンジの幅も広いので、さまざまな面で楽しめるでしょう。

メリアブーケ

プリザーブドフラワーとして加工した花びらを1枚ずつ重ね合わせてひとつの大輪の花をかたどったデザインがメリアブーケ。鮮やかに彩色した花びらを組み合わせることにより、個性的なブーケに仕上げられます。マーメイドラインやスレンダーラインなどの細身のドレスとの相性が良いですが、デザインによっては膝丈の可愛らしいドレスにも。

【番外編】ボタニカルやお花以外で作るブーケも人気!?

ここのところ、花以外にも植物の葉や茎、さらには植物以外のものでブーケを作る人も増えてきています。ブーケは、新郎新婦のアイディア次第でさまざまなものを作ることができますが、いくつか例としてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ボタニカルブーケ

ボタニカルブーケとは、花だけではなく、葉や茎、枝の部分までふんだんに使ったブーケ。ほとんど花を入れずに葉の部分をメインにすることで、さらにボタニカルな雰囲気を強調したブーケを作る花嫁も。この場合は、1種類だけではなく、何種類かの葉を入れるとより素敵なデザインになります。

キャンディブーケ

キャンディやお菓子をブーケのように見立てたものをキャンディブーケと呼びます。見た目がとてもキュートで食べられる、楽しいブーケです。キャンディだけでブーケを作っても良いですし、花とキャンディを組み合わせてもキュート。リボンやレースなどを使えば華やかに。披露宴のイベントにも使えます。

ぬいぐるみブーケ

花と一緒に小さなぬいぐるみをブーケに取り入れる、もしくは小さなぬいぐるみだけを集めてブーケに見立てたもの。新郎新婦が好きなキャラクターがあるなら、ぬいぐるみブーケもとても楽しいアイテムになりますよね。子どものゲストにも喜ばれるでしょう。

ジュエリーブーケ

ビジューなどをふんだんに使ったブーケ。陽の光やライトが当たるとキラキラと輝きます。特にナイトウェディングの場合はロマンチックな雰囲気を演出できますよ。また、花で作ったブーケにパールをあしらうと上品な光沢が加わるので、おしゃれで上品なイメージに。

ファーマーズブーケ

畑でとれる野菜や果物を束ねて作ったブーケは、個性的で季節感のあるブーケを作ることができます。例えばイチゴを束ねると可愛らしい印象のブーケになりますし、小さなリンゴなどをブーケに合わせると秋の雰囲気が漂うブーケに。花のみで作ったブーケよりも、ボタニカルな印象を演出できます。

ファブリックブーケ

布やフェルトの花を束ねて作るファブリックブーケは、使用する生地やブーケの作り方で多彩な雰囲気を演出できます。例えばふんわりした生地(フェルトなど)を使用するととても柔らかく、優しい印象になります。

最初に布で花を作ってからひとつに束ねても良いですし、花びらの形に切った生地を重ねて花に見立ててブーケを作る方法など、さまざまあります。

フェザーブーケ

ロマンチックで個性的なブーケなら、フェザーを使ったエアリーなブーケがおすすめ。淡い色の花と組み合わせると、とても甘いイメージのブーケになります。また、使うフェザーの種類でも印象がガラリと変わるのも面白いところ。孔雀の羽根など深い色合いのフェザーを使うと、シックで大人っぽくなり、花だけを使ったブーケとは異なる雰囲気を醸し出せます。

結婚式後のブーケはどうする?

思い出の詰まったブーケは、そのまま限り残しておきたいものですよね。自分で持ち帰って飾る?それとも加工する?一体、先輩花嫁は大切なブーケをどのようにしているのでしょうか。

先輩花嫁のアフターブーケ事情

先輩花嫁が結婚式の後にブーケをどのようにしているかというアンケートによると、一番多かったのは「自分で持って帰った」でおよそ半数。次いで「ドライ加工にした」が約2割、「押し花にした」という人が約1割(※)。約3割の人が、ブーケを長期保存するためになんらかの処理をしたという結果のようです。

思い出のブーケを長期保存するには

大切なブーケは、できる限り長く保存したいと思う人も多いはず。ここでは、ブーケを長期保存するための加工方法をいくつかご紹介します。ただし花の種類によっては向き不向きがありますので、専門店でよく相談してみることをおすすめします。

押し花

押し花は、花びらや葉っぱなどのパーツに分けてプレスして植物に含まれる水分を取り除いて乾燥させ、保存する方法。時間が経過すると変色するというデメリットはあるものの、場所を取らないのがメリットと言えます。専門店に依頼すると、おしゃれな額に入れてもらえることや、立体的な加工をしてくれる場合もあります。

ドライフラワー

風通しの良い日陰に1?2週間花を逆さに吊るしておいて乾燥させ、保存します。押し花とは異なり、立体的な形で残しておけるのがメリット。花や葉を乾燥させるために変色・変形する場合もありますが、気になる場合はシリカゲル(乾燥剤)を使って乾燥させることで色を美しく残せます。バスケットや花瓶に入れるとおしゃれなインテリアに。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、専用の溶液で花の色を抜いた後に染料で色付けをし、乾燥させる保存方法。染料を使うため、乾燥させる段階での変色がなく、花の色や風合いが元々のものにかなり近い状態で残すことができます。花の形もそのまま残せますが、自分で行うには難しい方法なので、プロに依頼すると非常に美しく加工できます。

アイスフラワー

生花をマイナス30度で瞬間的に凍らせた後に真空状態で乾燥させたものがアイスフラワー。凍らせることで花の美しさを瞬間的に閉じ込められ、花の持つ美しい色合いや風合いをそのまま楽しめます。ただし保存期間が3?6ヶ月と短めなので、期間限定で楽しみたい人にオススメの方法。

ブーケとドレスのバランスを見極めるのが大切です

ブーケの種類と保存方法についてご紹介してきました。結婚式のブーケはとても多彩なもの。この中から自分だけのブーケを探すのはとても大変かもしれませんが、出来上がったブーケを目にしたときの感動は、きっと言葉には表せないものになるはず。ぜひ、運命のブーケを見つけてくださいね。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る