KNOWLEDGE

ウェディングドレスを着る前に
二の腕のブツブツを治したい!

ウェディングドレスは背中や二の腕を露出させるため、ゲストの視線を集めやすい部位です。注目を浴びる花嫁さんにとって、二の腕のブツブツは大敵。

「ブツブツは見られたくないけど、せっかくの結婚式だから憧れていたドレスを着たい」という方も多いのではないでしょうか。ここではマーメイドラインやビスチェタイプなど、腕を出すウェディングドレスを着る花嫁さんのために、二の腕のブツブツを退治する方法をご紹介します。

二の腕のブツブツを
治す方法3選

ブツブツの正体は毛穴に皮脂や角質がつまってしまったもの。肌の再生が正常にできなくなっている状態で、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とも呼ばれています。思春期に多く、30代までには目立たなくなる症状です。

しかし、せっかくのウェディングドレス。ツルツルな二の腕を見せつけたいですよね。ツルツルになるためには、たまった角質の除去・保湿・肌のターンオーバーがポイントです。日頃のケアをどうすればいいのか、詳しくチェックしましょう。

しっかり泡立てた石鹸で洗う

ブツブツの原因である皮脂や角質を肌に貯めないのが大切です。泡で包み込むように洗うと汚れがきれいに落ち、改善につながるでしょう。

ただし、ゴシゴシこすって洗うのはNG。ブツブツを刺激してしまうと細菌が入って炎症が起きたり、シミになったりしてしまいます。泡をしっかりたて、スポンジなどを使わずに、手のひらで撫でるように洗うのがベストです。

ピーリングで肌を新しく

ピーリング剤を使うと、肌表面の不要な角質を洗い流し、新しい皮ふを再生させてくれます。

週1~2回入浴の際に、肌が柔らかくなってからクルクルと撫でるように洗います。肌が乾燥した状態で使用すると、肌に刺激を与えてしまいブツブツ悪化の恐れがあるため、控えましょう。「何度もやった方が効くだろう」と毎日ピーリング剤を使うのもNG。できるだけ日を置いて使用してください。

二の腕ケアは「優しく」「適度に」を心がけましょう。

尿素クリームで保湿をしっかり

尿酸は角質を柔らかくしてくれる成分です。そのため、尿酸が入ったクリームは硬くなったブツブツを柔らかくしてくれます。

ドラッグストアで見かける、二の腕のブツブツに特化した薬にも尿酸が配合されています。専門のものでない保湿クリームにも、尿酸は入っているので、ぜひチェックしてください。

花嫁さんによっては、保湿ついでのリンパマッサージにも効果があったようです。リンパ内に老廃物が溜まることによって、ブツブツができている方にはベストな方法です。ブツブツを潰さない程度の力加減で、優しくもみほぐしましょう。

ビタミン類をしっかり摂取

ブツブツはニキビと同じで、肌のターンオーバーがうまくいっていない状態です。治すためには、表面からだけでなく、内からの栄養補給にも気を配ってください。

肌の調子を整えるために、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCを摂取しましょう。また、適度にたんぱく質や炭水化物も摂ることで、免疫力も高まり治る可能性もアップします。

完全に治したいなら皮膚科へ!

皮膚科では、毛穴に詰まった角質や皮脂を溶かし皮ふを柔らかくするクリーム、炎症を抑える軟膏などが処方されます。医薬品なので効き目を期待できるでしょう。

市販薬をずっと続けているけど治らないという方は、皮膚科へ行くのがおすすめです。一部の処方薬は保険適応なので、ツルツルになるまでの期間などを考えると、皮膚科のほうが安く治せる可能性があります。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る