KNOWLEDGE

ブライダルインナーのクリーニング方法

せっかく高いお金を出して購入したブライダルインナー。長持ちさせるためにもクリーニング方法は知っておきたいものです。ここでは、ブライダルインナーのお手入れ方法を詳しく紹介します。

これからインナーを買う花嫁さんも、事前に知って準備しておきましょう。

クリーニングに出せる?

ブライダルインナーの洗濯方法はわかりづらいため、プロのクリーニング会社に頼みたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかしブライダルインナーは下着扱いのため、受付不可のお店がほとんど。大手のクリーニング店は受け付けていないことが多いので、個人で専門的に行っているお店やホテルのクリーニングサービスで洗ってくれるか相談しましょう。

中にはネットでクリーニングを依頼できる店舗もあります。ネット上で予約したあと、メール便でインナーを郵送してクリーニングしてもらうというシステムです。送料はかりますが、確実に洗ってくれるので実店舗を回る手間は省けます。

自宅で洗うには?

ブライダルインナーを受け付けているクリーニング店が見つからない場合は、自宅で洗いましょう。自分で洗うのは不安に感じるかもしれませんが、丁寧に洗えばきれいな状態をキープできます。

ただしシルク素材の場合は、水に弱いため自宅洗いはNGです。

洗濯機で洗う

洗濯機で洗うとボーンの歪み・型崩れがおきてしまうため極力避けましょう。最近の洗濯機は優しく洗う機能が付いており、ブラジャーも洗濯ネットに入れれば型崩れせずに洗えます。しかし、ブライダルインナーは繊細な品物。洗濯機で洗うとボーンが歪み、体にフィットしづらくなってしまいます。

せっかく自分にベストなインナーを見つけたのに、一度の洗濯で補正力をダメにするのはもったいないもの。いくら手軽でも、洗濯機では洗わないようにしましょう。

手洗いで洗う

ブライダルインナーは自分の手で丁寧に洗うのが一般的。シミを作らないように、洗剤の種類に気を付けながら洗いましょう。

手洗いの仕方
  • ブライダルインナーが曲がらずに入る大きめの容器を用意
  • 水またはぬるま湯で洗剤を溶かす
  • 骨組みやカップが歪まないように、やさしく押し洗い
  • 軽く押し絞って脱水し、2・3回ほどすすぎ、洗剤を落とす
  • バスタオルで包み込み水分を吸い取る

インナーが色落ちするため、蛍光洗剤・柔軟剤の使用は避けましょう。また、絞るときにはねじってはいけません。ボーンを歪ませずに、丁寧に洗うのがポイントです。

干し方

普通の洋服と同じように洗濯ばさみで挟んでしまうと、一部だけ伸びてしまうのでNG。形状を維持して補正力を落とさない干し方をご紹介します。

  • 干す前にカップのパッドをはずし、丸く整える
  • 全体のしわを手のひらで挟んで伸ばす
  • 中央のボーンから二つ折りにしてハンガーに対して横向きにつるす

干す際は、ボーンやカップが歪まないようにつるすのがベストです。また、直射日光にあたると黄ばみや色あせ、生地の傷みをまねきます。風通しの良い日陰に干しましょう。

保管方法

真っ白なブライダルインナーを繰り返し着るためには、保管の際は歪み・黄ばみに気を付けてくださいね。うまく保管しておけば、何度も着られます。

歪まない保管方法

  • パッドを外す
  • レース部分を内側にして二つ折り
  • 片方のカップをもう片方のカップに入れる
  • 平らな状態にしておく

カップを片方のカップに入れておく・平らにしておくことで、ボーンやカップをベストな位置で保てます。レース部分を内側にすればホックがレースに引っかかりません。また他の衣類とも擦れることもないので、きれいな状態を維持できます。

黄ばまない方法

  • 小さな穴を開けた袋に保管する
  • 香水・消臭スプレーを使用しない

直射日光は黄ばみのもとなので、光が当たらないように袋に入れるのが◎。通気性が悪いと生地が傷んでしまうため、小さく穴をあけて空気が入るようにしましょう。

香水や消臭スプレーは、時間と共にシミになる可能性があるので厳禁です。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る