ブライダルインナーNavi > 【コラム】ここでしか読めない!ウェディングにまつわるハッピーコラム > 結婚式の見学・打ち合わせにジーパンで行っても大丈夫?
KNOWLEDGE

結婚式の見学・打ち合わせに
ジーパンで行っても大丈夫?

結婚式場への見学、結婚式の打ち合わせに行く際の服装って気になりませんか?なんだかすごくフォーマルな場だから気を遣う…とお悩みの方安心してください。服装に決まりはありません。

ジーパンでも問題なし

ジーパン

結婚式場はフォーマルな場であると誰もが思うことだと思いますが、あくまでそれは出席する場合の時に意識すべきことです。

見学、打ち合わせにわざわざフォーマルな格好で行く必要はありません。

しかし、結婚式場の見学(ブライダルフェア)に行く人の殆どが「ちょいフォーマル」くらいの格好で来ているのも事実です。

男性ならジャケット・スラックスの人を見かけることも多いですが、だからといってジーパンで行くことが禁じられているかというとそういうわけではありません。

見学中でも他の人と出くわすことはない

筆者も、初めての見学には妻からもうるさく言われたので、ジャケットとスラックスの少しフォーマルな格好で行きました。周りの目が気になるかもしれませんが、見学する方はそんなに大勢いるわけでもなく、時間を区切って他の見学者と被らないよう上手く調整されています。

強いて言うなら、打ち合わせスペースで他のカップルと出くわすくらいで、正直気になることはありません。

そういったこともあり2会場目からは、当時は秋が終わりかけの時期というのもあって、パーカーにチノパンやジーパンを合わせたかなりラフな格好で行っていました。

結婚式の打ち合わせを行っている人は、ほぼ全員ラフな格好をしているくらいなので、服装を気にせず、結婚式場選び・打ち合わせに集中して行う方が合理的です。

結婚式の打ち合わせに関しては、式場にもよりますが専用の仕切られたスペースがあったりしますが、基本的には見学者と同じフロア内に「結婚式の打ち合わせ専用スペース」があるといった形が一般的だと思います。

ジーパンなどラフな格好で結婚式の打ち合わせにいくメリット

結婚式の打ち合わせが進んでいくと、衣装合わせが始まってきます。特に女性は「ドレス」の試着があり、変に凝った服を着てきてしまうと、着替えが大変。

試着の時点でブライダルインナーを着用して試着をするので、着脱しやすいラフな格好での来場をおすすめします。

個人的には、帝国ホテルといった格式ある場所とかであれば服装に気を遣うレベルかと思うので、一般的な結婚式場であれば、ジーパンであろうと、チノパンであろうと特別気にする必要はありません。

担当者の方も「服装は気にしなくていいですよ(^^)」と言ってくれるくらいですから。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る