ブライダルインナーNavi > 【コラム】ここでしか読めない!ウェディングにまつわるハッピーコラム > ウェディングドレスが似合わないのはなぜ?似合うドレスの見つけ方
KNOWLEDGE

ウェディングドレスが決まらない?
なぜ似合わないのか

何度も試着を重ねたけれど、なんだかしっくりこない…。そんな風に感じるプレ花嫁さんはいませんか?なかなかピッタリのウェディングドレスに出会えずにいると、「私にはウェディングドレスは似合わない」と落ち込んでしまうことも。でも、そんなことはありません!似合うドレスを見つけるには、いくつかのポイントがあります。自分に似合うウェディングドレスを選ぶため、ポイントをチェックしておきましょう。

ウェディングドレスが似合わない理由

その1:自分の体型に合わないドレスを選んでいる

普段着る洋服を選ぶときとは勝手が違い、相性の良いドレスを選ぶのは、なかなか難しいもの。自分の体型にコンプレックスを感じているプレ花嫁さんは多いですが、隠したい部分を気にするあまり、似合わないウェディングドレスを選んでしまっているのかもしれません。

例えば、ウエストラインをスッキリ見せるには、装飾が少ないドレスにしたり、濃い色のサッシュベルトを取り入れたり、ウエストに斜めの切り替えデザインが入っているものを選ぶと良いです。反対にふくよかな体型を活用するには、ドレス全体や胸元にボリュームを持たせたもの、動きのある袖やデコレーションが施されたものがおすすめです。

その2:好きなデザインが似合うドレスとは限らない

ウェディングに憧れを持つ女性にとって、ドレスを選ぶプロセスは、特に楽しみにしている部分。しかし、いざ憧れのデザインのドレスを着てみると、似合わなくて落ち込んでしまったというプレ花嫁さんも多いようです。

憧れを持つことは素敵なことですが、「好きなデザイン」と「似合うデザイン」は、必ずしも一致しないということも覚えておきましょう。

憧れのドレスの好きなポイントを一つ決めて、そのポイントを使った別のドレスを見ていくと、似合うドレスを見つけやすくなります。

その3:露出部分が多すぎる

輸入ドレスは洗練されているデザインのものが多く、憧れを抱くプレ花嫁さんは多いでしょう。ただ、日本製のウェディングドレスに比べると、露出部分が多いため、選ぶ際には注意が必要です。

例えば、胸元や背中が大きく空いたウェディングドレスを着る場合は、しっかりボディメイクをしないと、下品な印象になってしまいます。そういう意味では難易度が高めのドレスといえるでしょう。

日本では、花嫁は肌を露出しすぎない程度が理想とされている部分もあり、カジュアルな結婚式以外では、露出度が低めのドレスを選ぶのがおすすめです。

その4:体型にメリハリができていない

ウェディングドレスを着た際に、体型がキレイに見えないことから、似合わないと感じる例もあります。結婚式でゲストみんなの注目を浴びるシーンの多い花嫁ですから、せっかくならスタイルアップできるドレスを選びたいもの。スタイルが良く見えるウェディングドレスを選べば、テンションも上がります。

体型にメリハリをつくるには、ボディラインを美しく見せてくれるデザインのドレスを選ぶのがポイントです。ドレスの種類によっては逆効果なものもあるので、着姿を360度チェックしましょう。

その5:デザインが派手すぎる

丁寧にメイクをしていても、あまりにも派手なデザインのドレスの場合は、似合わないと感じることも。インパクトのあるウェディングドレスは、結婚式で見映えするというイメージはありますが、似合う・似合わないという観点から見ると、合わせるのが難しい場合が多いです。

ただ、試着してみることも大切。派手具合を確かめて、ヘアスタイルやメイクで調整できそうなら、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

あなたにピッタリのウェディングドレスはどのライン?

Aライン

スカートがアルファベットの「A」の形のように、裾に向かうに従って広がるデザイン。腰回りがスッキリとしていて、スタイルアップでき、エレガントな雰囲気が感じられるドレスです。どんな体型の方にも着こなしやすく、バランスの良いデザインとして人気があります。

プリンセスライン

上半身がコンパクトで、そこから大きく広がるラインが特徴的なドレス。かわいらしい雰囲気の方に似合います。大きめの会場で挙式を行う方や、下半身にコンプレックスのある方におすすめのデザインです。

スレンダーライン

体のラインが強調されるデザインで、背が高く細身の方におすすめのドレス。ゆとりのある「ソフトスレンダーライン」なら、体型を選ばず着こなせるでしょう。シンプルで上品な印象があるため、大人な雰囲気になります。

マーメイドライン

膝下からスカートが広がり、人魚の尾ビレのようなラインを描くドレス。上半身から膝の辺りまで体にフィットするため、女性らしい柔らかいシルエットが演出できます。華やかで大人っぽい雰囲気を取り入れたい方におすすめです。

エンパイアライン

胸の下から切り替えがあるデザインで、足を長く見せてくれるドレスです。カジュアルなウェディングやお色直し、二次会などにおすすめのライン。ウエストを締め付けないタイプなので、マタニティウェディングにもピッタリです。

ショートドレス

スカートの丈が短いドレスは、動きやすい上、キレイな足を見せられます。美脚を自慢したい方や、美しいシューズを見せたい方におすすめです。カジュアルな印象なので、二次会にもgood。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

ドレス試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る