KNOWLEDGE

結婚式の打ち合わせには
どんな服装で行けばいい?

一生に一度の経験であることも多い結婚式。その打ち合わせも何もかもが初めてのことだらけで、どうしていいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

特に、結婚式を彩るためきらびやかで素敵な雰囲気の式場では、何だか普段よりも萎縮してしまいがち。

結婚式会場という特別な雰囲気の場所に合う服装とは、どのようなものなのでしょうか。

打ち合わせには、普段通りの格好でOK!

気にされる方も多いですが、結婚式の打ち合わせに出向く服装は、普段通りの格好で問題ありません。

式場を決める前に色々なブライダルフェアに参加している人も多いと思いますが、そのときに見かけたような他の参加者のようなカジュアルな格好で大丈夫です。

色々な会場を巡って結婚式場を決めたという方が多いと思いますので、自分たちの雰囲気に合っているところ・好みに合っているところを選んだという人がほとんどではないでしょうか。

普段通りの2人らしい、いつものような雰囲気でいれば、それほど浮いたり目立ったりすることはないかと思います。

また、普段通りの服装をプランナーさんに見せることで、2人の好みや雰囲気を伝えることもできます。好みに合いそうな演出など、2人の雰囲気にぴったりな内容を提案してくれる材料になりますよ。

特に、会場内の装飾や衣装、招待状のデザインなどは、2人らしさを表現できるセンスを問われる箇所でもあります。

そういったときに自分たちの好みをプランナーさんが理解してくれているのは、とても心強いですよね。

ここをおさえておくとベター!打ち合わせの服装チェック

普通の打ち合わせであれば、普段通りの服装でOKです。

普段より少しおしゃれをしていくくらいの心づもりでいれば、結婚式に向けての気分も上がることかと思います。新郎新婦の2人で参加することも多いと思いますので、普段のデートするときのような服装でOKですよ。

ただし、打ち合わせの内容によっては、次のようなポイントをおさえておくと色々とスムーズです。

衣装合わせがある打ち合わせの場合

式場によって時期は異なりますが、衣装合わせと打ち合わせを同じ日におこなうところも多いです。ドレスは一人で着られるものが少ないですし、基本的に着付けをお願いすることになります。

もちろん、和装の場合も同じですね。

そういったときに見られても恥ずかしくないよう、インナーをきちんと整えておくといいかもしれません。肌をあまり見られたくない場合は、下着の上から着用できるベアトップのキャミソールなどを着ておくことがおすすめです。

できれば、当日着用する予定のブライダルインナーを持参しておくことがおすすめです。

実際に着た時のイメージがわきやすく、そしてドレス姿を綺麗に見せてくれます。

また、何着も試したい場合は、脱いだり着たりが簡単な服装にしておくと便利。衣装を試したあとに、すぐにいったん外へ出たりできるよう、ササッと着られる服装だとベターです。

着付けに邪魔にならないよう、髪をまとめるかわいいヘアアクセなどもあればいいですね。

広い式場内を歩き回る場合

打ち合わせ内容によっては、実際に式場を歩いて回り、細部を決定していくこともあるかと思います。また、簡単な式次第のリハーサルをすることもありますよね。

そういったときに、履きなれない靴や、ヒールの高過ぎる靴などを履いていると、とてもつらいことになってしまいます。

歩くことや長時間立つことが前もって分かっている場合は、普段から履きなれていて足が楽な靴を履いておくと安心です。

2人の写真を撮ってもらえることも

打ち合わせに来ている様子を写真に撮ってもらえることもあります。2人がこれからのことを一生懸命準備している様子などは、披露宴の演出である写真のスライドショーなどにもぴったりですよね。

せっかく写真に残すなら、できればお気に入りの服装で写りたいもの。

単なる式の準備でもありますが、式を終えたあとは打ち合わせに何度も通ったこともいい思い出になるはずです。

あとから見直してがっかりしないよう、ちょっとしたおしゃれにも気を配っておきましょう。

式場の格によってTPOをわきまえたほうがいい場合も

普段通りの服装で全く問題はありませんが、式場の雰囲気や格とはまったくそぐわないテイストの場合、少し悪目立ちしてしまうこともあります。

服装はその人のアイデンティティやポリシーにも深く関わることのため、普段の自己表現であれば自由です。

ですが、格式高い会場の場合、式場に迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

結婚式の打ち合わせに行く場所は当然式場のため、他のカップルが打ち合わせに訪れていたり、日によっては式を挙げていたりすることも。

自分たちの大切な日に、あまりにもTPOに合わない服を着ている人がいたら、少し残念な気持ちになるかもしれませんよね。

自分たちの普段の服装が少し個性的だと自覚している場合は、少し式場側に雰囲気を合わせたほうがベターです。

ドレスやスーツを着ていく必要はありませんが、見ていて不快に感じることがない服装を心掛けるのも、これから夫婦になる二人にとって大切なマナーです。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る