KNOWLEDGE

フォトウェディングのメリットとは?

フォトウェディングは、結婚式・披露宴などをしないで、ドレス・白無垢などを着て記念撮影だけをする結婚式のこと。写真撮影のみなので、他の人を呼ばずにカップルだけで行うことが多いのが特徴です。結婚式の前や後に写真を撮るスタイルとは別です。写真撮影だけの結婚式とイメージすると良いでしょう。

どういう人に人気?

写真撮影だけの結婚式なので、2人だけでシンプルに結婚式をしたい方におすすめです。派手なことはしたくない、写真だけは形として残しておきたい、手軽に結婚式がしたい、ドレスや白無垢を着てみたいという方に人気があります。また、再婚同士、マタニティなど、さまざまカップルが利用しています。

フォトウェディングはあまり準備期間がいらないので、予定さえ合えば気軽に実施することができます。入籍後に結婚式・披露宴などをしていない方も、2人のタイミングに合わせてフォトウェディングができるのが魅力です。

もちろん、結婚式を挙げた方でも撮影はできます。思い出の場所や行ってみたいところで、夢を叶えることが可能です。

フォトウェディングを選ぶメリット・デメリット

フォトウェディングのメリット

準備が少なくいから、忙しくても大丈夫!

結婚式や披露宴は、数ヶ月前からいろいろな打ち合わせが必要で、何度も式場に通って相談をしていく必要があります。しかし、フォトウェディングは、相談内容は日にちと衣装を決める程度だけ。当日も写真撮影のみのため、2人の好きなタイミングでできるのがメリットです。また、仕事が忙しくてなかなか休みが調整できないカップルでも、1日で撮影できるフォトウェディングは魅力的でしょう。

値段が控えめで嬉しい

費用を抑えられることも、嬉しいポイント。スタジオ撮影なら数万円で、フォトウェディングが可能です。オプションをつけても、結婚式や披露宴よりも安くできます。

まわりに気を遣わなくて良い

再婚同士やマタニティなど、少し周りに気を使ってしまいそうなカップルでも、気兼ねをしないで結婚式ができます。また、結婚10周年など、節目で撮影するカップルもいます。

リアルな結婚式を体験できる

挙式シーンはもちろん、メイクをしている場面など、結婚式をしているような写真撮影をしてもらえます。撮影できるのは、フォトスタジオの他に、結婚式会場でも応じてくれる場合があります。リアルな写真を撮りたいなら、ぜひ問い合わせをしてみると良いでしょう。

思い出の場所で撮影できる

せっかくの記念写真、思い出の場所や行ってみたい場所で撮影してみませんか。観光名所、自然のなかでなど、希望に合わせた場所でフォトウェディングができます。オリジナルの写真を撮りたい方に、ロケーション撮影はおすすめです。

フォトウェディングのデメリット

晴れ姿を直接お披露目できない

フォトウェディングは2人のタイミングで、気軽に挙げられるのがメリットですが、参列者がいないのが特徴です。晴れ姿を披露できないため、親の反対を受けることがあるかもしれません。そんなときは、周りへの配慮も大切です。結婚式までとはいかなくても、食事会や宴会などを計画すると良いでしょう。

思い通りの写真じゃないことも…

デメリットとして写真が出来上がってきて、思いどおりの写りではなかったということが挙げられます。念入りな打ち合わせ、希望をしっかりと担当者に伝えるのが成功のコツです。

ロケは天候に左右される

神社やガーデンで撮影する場合、天候に左右されてしまう部分があります。眩しくて表情に納得できない、大雨になってしまったなど、写真の質が落ちてしまう可能性も…。野外での撮影を希望している場合は、もし悪天候の場合は、どのような撮影になるのか担当者に確認しておくことも大切です。

フォトウェディングの相場は15万円未満!

希望する内容によって金額の差がありますが、相場は15万円未満。通常の結婚式よりもかなりリーズナブルな金額で、2人の記念を形にすることができます。浮いたお金で旅行に行ったり、親しい人を招いて食事会などをするのも良いでしょう。

フォトウェディングの金額は、スタジオで撮影なら3万円程度が目安です。実際に着る衣裳、写真の数によって、金額は変更になります。

自分が撮りたい地域で撮影する、ロケーション撮影の場合は10万円程度を考えておくと良いでしょう。

基本的な撮影代、小物・アクセサリー、ヘアメイク、スタジオや照明などの設備などは、基本プランに含まれていることが多いです。しかし、衣装代、アルバム代が別料金など、スタジオによって内訳は異なるので、必ず確認しましょう。できるだけ金額を安く済ませるには、スタジオで1着のみの撮影がおすすめです。平日だとさらに安くなる場合もあります。自分が夢に見ていたウェディングを完成させるためにも、お得なプランをうまく使いましょう。

とびっきりの1枚を撮影するためには?

カメラマンさんと納得いくまで打ち合わせ

フォトウェディングを成功させるには、きちんとした打ち合わせが重要です。カップルによっていろいろな希望がありますが、それがきちんと担当者に伝わっているかが大事。なかでも、ヘアメイクが思ったものと違っていたという、失敗が多いです。

相手はプロだからと、安心してあまり説明をしないで当日を迎えてしまうと、お互いのイメージが違っていて、理想とは違った結果になってしまいます。打ち合わせのときは「伝わっているだろう」という思い込みは捨てて、はっきりと具体的に伝えることで、イメージ通りの1枚が撮れるはずです。気になる不安は、遠慮せずにしっかりと何度でも質問をして安心してフォトウェディング当日を迎えましょう。

体調を万全に!万が一のために薬も用意

撮影の当日は、1日がかりになります。長時間なので、思ったよりも疲れがでてしまうことも…。前日はしっかりと睡眠をとって、体調を整えておくことも成功させるコツです。

当日になったら、ヘアメイクのセットをしたあと、衣装へと着替えをします。スタジオ撮影なら短時間で終わることもあります。

一方、ロケーション撮影の場合は、車やタクシーで移動します。慣れないドレス、締め付け、緊張などから車酔いをすることもあるので、念のために薬を持参しておくと安心です。酔い止めの薬に抵抗がある方、忘れてしまいそうな場合は、飴をいくつか持っておくと、酔い止めの代わりにもなりますよ。

インナーをそろえておく

妥協しないフォトウェディングを成功させるには、スタイルも重要なポイント。ブライダルインナーで美しいボディラインを手に入れましょう。

ウェディングドレスを着るときは、ブライダルインナーを着けるのが一般的です。インナー選びはとても大切で、ドレスをきれいに魅せるには欠かせません。体型の気になる部分を補正したり、良い部分を引き出してくれます。より良い素敵な写真を取るには、自分に合ったインナーを選んでおくことを忘れないようにしましょう。

自分のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。身体に合わないために、撮影当日にハラハラしてしまうのは避けたいものですね。またきつ過ぎて気分が悪くなることも…。

ブライダルインナーは、ぴっちりとしたものが多いので、事前の試着が必須。ぶっつけ本番で着てしまうのは、後悔の元です。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る