ブライダルインナーNavi > 【コラム】ここでしか読めない!ウェディングにまつわるハッピーコラム > 花嫁の肌をより美しく。ブライダルシェービングのタイミングとは
KNOWLEDGE

ブライダルシェービングって
やるべき?

結婚式の衣装をさらに美しく見せるために、ぜひ受けておきたいブライダルシェービング。でも、実際に受けるメリットってどれくらいあるの?と考えている人もいますよね。ブライダルシェービングの魅力とはどんなところにあるのでしょうか。

ブライダルシェービングとは

そもそも「ブライダルシェービング」とは、結婚式当日の衣装や髪型に合わせて、肌を美しく見せるために産毛を処理する施術のこと。多くの花嫁がこの施術を受けています。

化粧のノリを良くするために顔の産毛を処理するのはもちろんですが、ブライダルシェービングというと他の部位も対象になってきます。衣装合わせをしてみるとわかりますが、背中が大きくあいたドレスなど、普段は露出することが少ない部分が見えている場合が多いですよね。背中の他にも、髪をアップにしたときのうなじやデコルテなど、産毛の処理をあまりしない部分も露出します。

産毛だしそんなに目立たないのでは、と考える人もいるかもしれませんが、結婚式や披露宴などでライトが当たると、意外と「産毛が生えている」ということがわかることも多いので、より衣装を美しく身につけるためにもぜひシェービングを受けておきたいものです。

どの部位を剃ってもらうべき?

ブライダルシェービングを行う部位については、結婚式当日に着用する衣装によって異なってきます。 和装であれば、肌の露出が少ないために顔とえりあしなどの首回りに加えて手や指のシェービングのみで問題ない場合も多いですが、ドレスを着用する場合は顔に加えて背中やデコルテ、腕といった部位についても施術が必要になってきます。 要は、露出する部分の産毛を剃ってもらう、ということになります。

衣装合わせを行うときに、自分で写真を撮っておけばどの部分のシェービングが必要かわかりますよね。ですから、さまざまな方向から写真を撮っておきましょう。不安な人は衣装合わせのときにスタッフに聞いてみるか、シェービングの相談をするときに写真を見せて、どの部位をそれば良いか聞いてみると良いでしょう。

種類はある?

ブライダルシェービングには、実は「本格シェービング」と「ソフトシェービング」の2つの種類があります。

「本格シェービング」とは、理容師がカミソリを直接肌に当てて産毛とともに古い角質まで除去してくれるもの。そもそもカミソリを使ったシェービングは、理容師資格を持った人しかできないことになっています。産毛と一緒に古い角質まで取り去ることができるので、肌が1トーン明るくなったり、化粧のノリが良くなったりと嬉しい効果がたくさん。ただし、肌への負担もそれなりにありますので、受けるタイミングに注意する必要があります。

「ソフトシェービング」は市販の電動シェーバーでムダ毛を除去していくもので、こちらはエステなど理容師の資格を持っていない人でも施術できます。肌に直接刃が触れない電動シェーバーを使うため古い角質まで除去できるわけではありませんので、肌のトーンアップや化粧のノリが良くなるという効果はあまり期待できませんが、肌への負担は断然こちらの方が少なくすみます。カミソリ負けがおきやすかったりする敏感肌の人はソフトシェービングを選ぶと良いでしょう。

いつ受けるのが良いの?

どのタイミングでブライダルシェービングを受けたら良いのかも大事なポイント。時期については上で紹介したシェービングの種類や自分の肌質によって変わってきます。一般的にブライダルシェービングとは、カミソリで行う「本格シェービング」であることが多いのですが、ここで考えなければいけないのが“肌への負担”です。

施術した直後の注意点として一番に挙げられるのが「カミソリ負け」。人によっては赤みが出てしまったりするので、挙式直前や前日のシェービングは絶対にNGです。また、シェービング直後の肌は産毛がない状態なので、皮脂が多く分泌されることで化粧のノリが悪い状態になります。3日ほど経った後くらいから落ち着きはじめるので、化粧ノリが良くなってきます。 さらに、例えばアトピーなど肌の悩みがあるのであれば5日ほど前までに受けましょう。そうすれば多少肌荒れが起こったとしても挙式までに回復できます。以上のことを踏まえると、3?7日前くらいに施術を受けるのがオススメと言えます。

注意点は?

シェービングを受けた後に注意しなければいけない点としては「日焼け対策」。シェービングを受けた後の肌は非常に敏感になっていますので、外に出る際には念入りに日焼け止めを塗っておくこと。紫外線の影響で赤いぶつぶつができてしまうのを防ぐことができます。 他にも、日ごろのケアも大切。保湿をたっぷりする、洗顔は優しく行うなど基本的な肌ケアはもちろんですが、睡眠時間をきちんと確保することや3食きちんと食べて肌のコンディションを整えておくこともお忘れなく。そうすることで、シェービングを受けてもトラブルが起きにくくなります。 理想的なのは、挙式前にいきなりシェービングを受けるのではなく、もう少し前に「お試し」のシェービングを受けておくこと。そうすれば万が一のトラブルが起きた場合も対処できます。あまりにもひどい場合には迷わず皮膚科に行って治療を受けましょう。

先輩花嫁の声

では、実際にブライダルシェービングを受けた先輩花嫁の声を紹介します(※)。

  • 背中が大きくあいたドレスを着たこともあって背中の産毛を剃りました。結婚式当日に「背中キレイ!」と言ってもらえました。
  • 顔の産毛を専門店で剃ってもらいました。化粧のノリが全然違うので、やってよかったです。
  • エステサロンで背中のみ。敏感肌で荒れるのが心配だったので、顔そりはやめておきました。
  • 顔と背中、デコルテ、二の腕のシェービングを行いましたが、陶器のような肌に。ブライダルエステに含まれていました。
  • 和装のみでしたが、顔と首まわりのシェービングをしました。挙式の3日くらい前に施術してもらいました。

実際にシェービングを受けてみて「やってよかった」という声が多数上がっていました。花嫁衣装を美しく見せるためにも、やはりブライダルシェービングは受けておきたいものですね。

まとめ

結婚式を控えた花嫁の中には、今妊娠していてマタニティウェディングの準備をしている人もいるでしょう。妊娠中はホルモンの関係で毛が濃くなってしまうこともありますが、赤ちゃんを守ろうとする体の自然な反応。ですからあまり気にしすぎないのが良いのですが、ドレスから露出する部分については、マタニティ専用のシェービングコースを用意しているサロンもありますので、よく相談してみましょう。

ブライダルシェービングは、受ける場所にもよりますがおおよそ15,000円から20,000円ほど。背中やうなじなど、自分では手が届かずキレイに仕上げるのが難しい部分になりますので、結婚式という特別な日に向けてプロにお任せしましょう。美しい肌を手に入れて、最高の1日にしてくださいね。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る