ブライダルインナーNavi > 【コラム】ここでしか読めない!ウェディングにまつわるハッピーコラム > 理想の花嫁になるために大切な、ベール選びのポイントとは
KNOWLEDGE

ウェディングベールについて

結婚式において、とても大切な意味を持つウェディングベールは、とてもたくさんのデザインがあります。その中で、自分に最も似合うベールとはいったいどんなものなのでしょうか。

ベールの意味は?

古代ローマ時代から使われてきたと言われるベールは、魔除けのアイテムとして使われてきたという歴史があります。ですから、ウェディングで使われるベールは「花嫁を邪悪なものから守る」という意味を持っています。

日本では結婚式以外で用いられることはあまりないですが、海外ではこの風習は根強く残っているので、ブライダル以外でも身を守るという意味でよく使われています。

他にも、花嫁を美しく優しく包んでくれるベールには「母親からの愛情」という意味が込められており、“覆う”・“隠す”という意味を持つことから「貞操」を表す役割もあると言われています。

ベールダウン

結婚式で入場する前に、花嫁のフェイスベール(ベールの顔を覆う部分)を顔の前に下ろす儀式がベールダウン。ベールを下ろすことで、邪悪なものから無垢な花嫁を守ることができると言われています。

一般的に新婦の母親がベールダウンを行いますが、これから結婚し、新しい人生をスタートする娘に対する「母親ができる最後の身支度」とも言われており、非常に感動的なセレモニーでもあります。母親のほか、父親や兄弟など近しい間柄の人が行うことも。

ベールアップ

結婚式の中で誓いのキスの時に新郎がベールを持ち上げて花嫁の顔をあらわにさせるセレモニー。魔除けや母親の庇護という意味を持つベールを取り去ることで、これからは新郎が新婦をずっと守っていく、という決意の表れが込められていると言われています。

他にも、このベールは新郎と新婦の間にある「壁」と見立てられているのですが、ベールアップでその壁を取り払うことで晴れてふたりが結ばれるという意味も。

ベールの選び方

では、実際にベールの選び方を見ていきましょう。ドレスとの相性はもちろんですが、どんな会場で式を挙げるのかということも考慮に入れておきたい点です。

長さ

ベールは長さがあるほど品格が上がると言われており、その長さは一般的に3種類に分けられます。

ロングベール
引きずるくらいの長さを持ったベール。その中でも、引きずる長さが長いほどゴージャスな印象になります。天井が高く、バージンロードも長い荘厳な教会など、格式の高い挙式会場に適していると言えます。
ミドルベール
お尻が隠れるくらいまでの長さのベール。挙式のタイプを選ばず、ドレスにも非常に合わせやすい長さと言えるでしょう。引きずることがないので、あまり広くない挙式会場でも使いやすいという特徴があります。
ショートベール
ちょうど二の腕が隠れるくらいの長さ。すっきりと見えるので、とても可愛らしい印象に。ショートベールは、ガーデンウェディングなどカジュアルな雰囲気の中で挙式を挙げる際にとてもおすすめです。

種類

ベールのタイプには、「フェイスアップベール」と「マリアベール」の2種類があります。

フェイスアップベール
ベールの途中で折り返し、コームで髪に留めるタイプ。一般的にベールというとこちらを思い浮かべる人が多いでしょう。上の方で紹介している「ベールダウン」「ベールアップ」のセレモニーを行いたい場合はこちらのベールを選んでくださいね。
マリアベール
折り返しがなく、すっぽりかぶるタイプのベール。顔が隠れないので、基本的にベールダウンとベールアップの儀式はできません。ただし、どうしてもマリアベールでベールダウン・アップを行いたいのなら、担当スタッフに相談を。

会場によってはマリアベールが禁止のところもあるというのは注意すべき点です。聖母マリアがかぶっていたことがその由来となっているため、儀式を重んじるプロテスタントの教会ではマリアベールの着用を禁止している場合がありますので、事前に確認を。

デザイン

ビーディングベール
繊細なビーズの刺繍が施されているベールのこと。花嫁の動きに合わせてビーズにライトが反射してキラキラと輝いてくれます。
金糸ベール
金色の糸で刺繍がされたゴージャスなベールで、非常に存在感があります。宝石のように輝くので、気品高い印象の花嫁姿に。
フラワーベール
花のモチーフをあしらったもの。可愛らしさに加え、上品な華やかさも演出できます。フラワーモチーフのドレスに合わせるときはバランスに注意。
カッパベール
ショールのようにベールの裾に手首を通して、肩から手首にかけてふんわり覆うように身につけるタイプ。神秘的な雰囲気を演出できます。シンプルなドレスとよく合います。
ドットベール
水玉模様が織り込まれたベール。小さなドットはセクシーな印象、大きなドットは明るい印象、と水玉模様の大きさや数でも印象が変わります。
バルーンベール
その名の通り、風船のように膨らんだ形のベール。どこから見てもふんわりとした形で、非常に華やかな印象になります。
ジュリエットベール
「ロミオとジュリエット」のジュリエットがつけていたベール。帽子のように後頭部を覆い、残りの生地は後ろに垂らすデザインです。クラシカルで上品な雰囲気。
バードゲージベール
頬から顎先くらいまでの長さでのベールで、レトロで海外の女優のような雰囲気に。ショート丈のベールの中でも特に短く、カジュアルな式やパーティに。

体型や顔の形別!似合うベールの見つけ方

花嫁さんたちは、それぞれに顔の形や体型にお悩みを持っているかもしれません。ここでは、体型・顔の形別にベールの選び方をご紹介します。

身長が低い

身長が低い場合は、ショート丈やミディアム丈のベールを合わせるのがおすすめ。身長が高く見える効果が期待できます。ロングベールをどうしても着用したい場合は、床まで届かない長さのベールを選ぶと、すらりと見えます。

身長が高い

身長が高い花嫁の場合は、ロングベールを着用すると非常に美しいシルエットに。また、刺繍が多いベールも似合いますよ。

丸顔

丸顔さんにはショート丈のベールを。高さのあるデザインのベールで縦ラインを強調するのがおすすめ。大人っぽい印象を与えるとともに、小顔効果も。

面長

ふんわりしたシルエットのベールをつけると面長な印象がなくなり、優しいイメージに。また、バードケージベールもおすすめ。顔の半分を隠すことで面長な印象を緩和できます。

ベース型

両頬のサイドにボリュームのあるベールや、頭の高い位置に大ぶりなモチーフがついたベールをかぶると視線が外せます。縦のラインを強調できるロングベールを選んでも。

逆三角形

顎がすっきりとしているので、どんなタイプのベールも似合います。強いて言えば、顎や肩の周りにボリュームがあるベールを選ぶと全体的に丸く見えるので、シャープな印象が薄れて優しい印象に。

まとめ

ウェディングベールは、ドレスの色味やデザインと合っているかどうかが非常に大事なポイントとなります。ミドル丈のベールであればどんなシチュエーションにも合いますが、背中や腰の部分にモチーフがついているドレスの場合は、ベールでせっかくのポイントを隠してしまわないようなものを選んでくださいね。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る