ブライダルインナーNavi > 【コラム】ここでしか読めない!ウェディングにまつわるハッピーコラム > いつまでも大切にしたいウェディングドレスは、リメイクがおすすめ!
KNOWLEDGE

購入したウェディングドレスの
使い道は?

大切な結婚式のために一生懸命選んで購入したウェディングドレス。思い出が詰まった1着なので、きちんと保管しておきたいと考えている人も多いでしょう。でも、ウェディングドレスを自宅で上手に保管するのは難しいもの。だからと言って簡単に手放してしまうのは惜しいですよね。そんな人は、リメイクという方法を考えてみてはいかがでしょうか。

ウェディングドレスをリメイクする

美しいウェディングドレスは、さまざまな形にリメイクすることができます。どんなグッズに生まれ変ることができるのか見ていきましょう。

ベビーグッズ(おくるみ、ベビードレス、ベビーシューズ)

結婚式で着た大切なウェディングドレスを「ベビーグッズ」にリメイクするのはいかがでしょうか。思い出たっぷりの愛着のあるドレスを、大切な子どもに着せられるのはとてもステキなことですよね。

ウェディングドレスに使っている素材を存分に生かすことができるので、上品で可愛らしいベビーグッズに仕立て直すことができます。

例えばベビードレスにリメイクすれば、女の子が生まれた時には生後1ヶ月ころに行うお宮参りで着用させることができますし、おくるみにリメイクしておけば性別関係なくさまざまな場面で使うことができますよね。また、ベビーシューズにリメイクしても、とても可愛らしいものができあがります。ベビードレスとセットで真っ白のファーストシューズを作ってあげるのもオススメ。

ミニチュアドレス

ドレスをしまっておくスペースはないけれど、ドレスをそのままの形で残したいのであれば、「ミニチュアドレス」と言う形にリメイクするのがオススメです。ミニチュアドレスとは、ドレスの生地やレース・ビーズなどの装飾を利用して作った小さなサイズのドレスのこと。

実際に結婚式で着用したドレスをそのまま縮小した形で再現してくれますので、リビングなどに飾っておくことができます。来客があった際の話題にもなりますし、何より見るたびに結婚式の1日が鮮明に浮かんできますよ。

ドレス姿をさまざまな方向から撮影して、どんな雰囲気のドレスだったのか鮮明に思い出せるようにしておくと良いでしょう。細かい装飾も写真に残しておくことで、ミニチュアドレス作成の際の参考になるはずです。

小物(ポーチ、ふくさ、コサージュなど)

いつも使うもの、身につけられるものが良い、という人は小物にリメイクするのが良いでしょう。

例えば女性なら、ポーチがいつもカバンに入っている人が多いはず。ポーチであれば使い道はたくさんありますし、いつでも持ち歩けますので、非常に実用性が高いと言えます。他にもお祝い事の際にご祝儀袋を入れるのに必要なふくさ、ドレスなどの胸元につけたりや髪飾りに使うと、ちょっと華やかな雰囲気にしてくれるコサージュにも。ウェディングドレスに使われる上質な生地や美しいレースは、小物へのリメイクにもピッタリです。

他にも、ポケットティッシュのケースなどをいくつか作って周りの人にプレゼントしても喜ばれますよ。

ワンピースやスカートに

ウェディングドレスをちょっとカジュアルダウンして、自分で着るための洋服を仕立ててもらう人もいます。

きちんとした場所にお呼ばれしたときにも着ていけるようなお出かけ用のワンピースや、華やかな場に着ていけるようなスカートというように、いろいろな形にリメイク可能。

ドレスについているレースの部分を生かすととても華のある洋服になりますし、純白の洋服だけではなく、生地を自分の好きな色に染め直してワンピースなどに仕立てる、ということも可能です。

リビンググッズに

リビングで普段使うクッションカバーやテーブルクロス、ティッシュカバーにもリメイクできます。

ウェディングドレスの雰囲気をそのまま活かすことができるので、既製品とは違ったデザインのグッズができあがって、リビングがとても華やかな印象になりますよ。

また、驚きなのがカーテンへのリメイクもできるということ。自宅の窓にぴったり合ったサイズのカーテンに仕立てれば、とても可愛らしい雰囲気のお部屋になります。

新たなウェディングドレスに

自分のドレスではなく、母親や祖母からウェディングドレスを譲り受ける場合もありますよね。いくらキレイに保管していても、デザイン的にはちょっと今の流行から外れていたり、サイズが合わなかったりする場合には、譲り受けたドレスを生かして新たなウェディングドレスに生まれ変わらせてみてはいかがでしょうか。

ご両親の思い出も大切にしながら、新たなドレスで娘が晴れの日を迎えられるなんて、ステキだと思いませんか?譲った側も着る側も、みんなが幸せな気持ちになること間違いなしです。

中見出し 専門店でリメイクが可能

ドレスをリメイクするときには、自分で作る、もしくは裁縫が得意な人にお願いして作ってもらうのも良いですが、やはりリメイクのプロにお任せするのがオススメです。驚くほどの仕上がりになって手元に戻ってきますよ。ちなみに、専門の業者についてはインターネットで調べてみるとたくさん見つかりますので、その中から選ぶのが良いでしょう。

ただし、大切なドレスを預けておまかせすることになりますので、後々トラブルにならないように信頼できる、と感じたところに依頼をしてくださいね。

リメイクすることで、一生大切な宝物に

保管方法に困ってしまった場合、買い取り業者やフリマアプリで他の人に売るという選択肢もありますが、ドレスそのものが変色していたり落ちなくなってしまった汚れがある場合には、当然ですが買取価格は下がってしまう傾向があります。

せっかく一生懸命選んだドレスですから、これからも使える形にリメイクしていつまでも大切にすることで、幸せな気持ちがいつまでも続きます。それに、思い出がたくさん詰まったドレスが別の形に生まれ変わるのを見るのはとても嬉しいもの。自分だったらどんなものが長く大切にできるかを考えながら、何にリメイクするか考えるのも楽しいですよ。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る