TYPE02

Aライン

Aラインのドレスに適したインナーの選び方

体型を選ばないデザインとして人気を集める、Aラインのウエディングドレスに適したインナーの選び方についてまとめました。ブラジャー・ビスチェ・ウエストニッパーといった、おすすめアイテムのご紹介もしています。

Aラインに合うドレスインナーとは

Aラインのドレスはバストの位置が決め手!

ウエストから徐々に広がっていくドレスシルエットがアルファベットの「A」に見えるデザインを、Aラインドレスと呼びます。シンプルかつ上品なシルエットで、デザインの幅が広いのも特徴。どんな体型にも合わせられるドレスとして、人気を集めています。そんな誰にでも合うAラインですが、キレイに着る決め手はバストの位置。高い位置でバストを維持することで「縦」のラインを強調でき、スタイルをよく見せることができます。

Aラインのドレスを美しく着こなすポイント

Aラインのドレスを着る時に気になる部位

Aラインのドレスを着た時のスタイルUPをかなえるポイントは、まずバストを綺麗に整えておくことです。はたから見て美しく見える位置でしっかりとキープされているかどうかが大切です。また、個々のバストの大きさに合わせた補正も重要です。

すっきりと上品なデザインが多いAラインのドレスをバランスよく着こなすためには、このようにバストをいかに美しく見せられるかがポイントになってくるでしょう。その役割を担うインナー選びは慎重に行う必要がありますね。バストラインが美しいと、ゲストの視線は、自然にデコルテ部分にも注がれることでしょう。あらかじめお手入れを入念に行い、ドレスを着る時には、なめらかで美しいデコルテを披露できるようにするといいですね。デコルテと同様にドレスを着る時は、背中や二の腕も人目にさらされやすい部位ですので、事前のお手入れに力を入れることをおすすめします。

Aラインのドレスはどんな人に向いている?

Aラインのドレスは他の種類のドレスと比べて、着る人を選びにくいという傾向があります。この点がAラインのドレスの人気の秘密でもあります。Aラインのドレスは、縦のラインを強調するという特徴がありますので、背が低い方にとっても全身をスタイルよく見せられます。ヒールと合わせて着ることで、さらなるスタイルアップを目指すことができます。

着る人を選ぶ形のドレスもある中で、このように万能型ともいえるAラインのドレスは、「最高の姿で晴れ舞台に立ちたい」と願う多くの花嫁にとって、心強い存在といえるのではないでしょうか。

Aラインのドレスをさらに綺麗に着るために

Aラインドレスは、プリンセスラインのドレスほどではありませんが、ウエストから下の部分にボリュームがあるドレスです。それに対して上半身は、二の腕や背中、デコルテなどの部位を露出する場合が多いのが特徴です。それらの部位のお手入れを欠かさないのはもちろん、わきの処理なども忘れず行うようにしましょう。

また、Aラインのドレスを美しく着こなすための重要ポイントでもあるバストに関しては、専用のインナーを上手に使って整える必要があります。バストが大きい人・小さい人、それぞれに合ったインナーを身につけて、美しいバストを演出しましょう。また、バストと同じくウエストも専用のインナーを活用してキュッと引き締めると、メリハリのある綺麗な上半身が完成します。

BRASSIERE

Aラインに合うブラジャー・ビスチェ

高い位置でバストをキープできるブラが◎

Aラインドレスの決め手はバストの位置となるため、高い位置でトップをキープできるブラジャーが最適。また、Aラインはバストのボリュームもある程度必要なので、バスト周りのお肉をしっかりと寄せられる機能も大切です。比較的バストの小さい方に人気のAラインですが、バストが大きい方は補正効果の高いビスチェで胸をコンパクトに見せると◎。Aラインはハイウエストのデザインが多いため、バストが大きすぎると太って見えてしまうのです。ビスチェならバストからウエストまでトータルで補正でき、メリハリのあるボディラインを作ることが可能です。

Aラインを選んだ胸の小さい花嫁さんに合うブラジャー・ビスチェ

ブライダルインナーで高さとボリュームのあるバストを実現!!

Aラインはデザインにもよりますが、ある程度のバストのボリュームと高さが必要になります。そのため、Aライン選びたいと考えている花嫁さんの中には、「胸が小さくて自身がない…」「胸のボリュームが少なくて、綺麗に着こなせるのかな…」と思っている方もいらっしゃると思います。また、Aラインでも胸元が大きく開いたデザインを着たいと思っていても、胸が小さいことであきらめてしまうかもしれません。 しかし、あきらめることはありません。ブライダルインナーを使うことで、小胸の花嫁さんでもボリュームアップをすることが可能です。ブライダルインナーでは、ウエストを絞ることでくびれを強調すると同時に、バストを下から支えることで、高さのあるバストを実現することができます。また、脇から背中にかけてのお肉をバストに集めることで、バストにボリュームを出すことが可能です。また、パットを整えたい箇所に入れることで、より美しいバストラインを作ることもできます。
以下では、Aラインタイプ希望で胸の小さい花嫁さんに合うブラ・ビスチェをご紹介します。

おすすめのビスチェアイテム

  • ビスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(http://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000002/)

    ビスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    価格:15,660円(税込)

    特許の3Dフィットワイヤーにより、背中から脇の肉まで中央に収め、中央に寄せたバストをしっかりキープ。立体裁断設計により、高い位置でキュッとくびれを作ることも可能。ボリュームと高さのある胸と、キュッとしまったウエストで、メリハリのあるバストラインを作ることができます。付属のレモンパットで、さらに補正をすることも可能です。

  • ブライダルインナー エクセル3Dビスチェ

    引用元:TheD公式サイト(http://www.shop-the-d.jp/SHOP/SMB0101.html)

    エクセル3Dビスチェ

    The D(ザ・ディ)

    価格:21,384円(税込)

    スリムな方でも使用が可能なブライダルインナー。脇Vカットにより、胸をしっかり寄せ、アンダーリボンでバストを絞って押し上げることで、バストに自然なボリュームができ、斜め上からの角度が美しく決まります。よりバストアップを望みたい花嫁さんには、付属でパッドがついてくるため、合わせて使用することで、バストアップを図ることができます。

おすすめのブラジャー(セパレート)アイテム

  • SQRE BEAUTE_セミロングブラ

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bloom-luxe.jp/menu/online/online/0015.html)

    セミロングブラジャー

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    価格:21,600円(税込)

    谷間中央の「く」の字型の特殊ワイヤーで、カップ上辺が浮くことなく、寄せて上げたバストを長時間キープ。脇のお肉もカバーできます。背面のパワーネットと計算されたボーンの配置により、高い位置でバストをしっかりサポートすることが可能です。同ブランドのウエストニッパーと組み合わせることで、バストが流れるのを抑え、より高い補正を得られることが可能です。

  • エレガントD

    引用元:セモア公式サイト(http://www.cestmoibridal.com/lineup.html#eled)

    エレガントD(セミロングラインブラ)

    セモア

    価格:55,000円(税込)

    人間工学に基づいた設計のもと作られた、セモアのセミロングラインブラ。人体にフィットするように設計されており、サイドから抜群の補正力で、バストを持ち上げ、ボリュームアップすることができます。また、セットになっているウエストニッパーと一緒に着用することで、バストとウエストでメリハリのあるボディラインを実現することが可能です。

Aラインを選んだ胸の大きくて悩んでいる花嫁に合うブライダルインナー

無理なくバストを抑え、高い位置で美しいバストラインに

上記でも前述した通り、Aラインは、ある程度のバストのボリュームと高さが必要になります。特に、胸が大きく開いたデザインは、バストが大きい人が似合うと言われています。しかし、胸が大きすぎることで、ドレスからバストがあふれ、全体的に太って見えてしまうことも。また、バストが強調されてしまうため、もう少し胸をおさえることができたらと考える花嫁さんもいると思います。そんな悩みを持つ花嫁さんには、ビスチェタイプのブライダルインナーをお勧めします。ビスチェタイプの中には、バストを無理なく抑えつつ、高い位置でバストをキープすることができる商品や、G~Hカップといった大きいサイズ向けの商品があります。
以下では、Aラインタイプ希望で胸の大きい花嫁さんに合うビスチェをご紹介します。

おすすめのビスチェアイテム

  • ラグジュアリービスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(http://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000007/)

    ラグジュアリービスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    価格:27,000円(税込)

    ふくよかな胸をすっきりと補正。ドレスに合うシルエットを実現しながら、無理なくバストを抑える新感覚のビスチェ。アンダーサイズでの選択のため、カップサイズを気にせず購入可能です。両脇とバストの左右に、1Wayメッシュの構造で、柔らかなバスト脇のお肉を抑えてキープすることが可能です。また8段フックにより、背中のお肉もしっかりサポートします。

  • グラマーサイズロングビスチェ

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/bustier/glamour/)

    グラマーサイズロングビスチェ

    KEA工房

    価格:21,000円(税込)

    F~Hカップの花嫁さん向けのビスチェインナー。カップのトップバストを中心に寄せるように設計されており、グラマーなバストでも、脇にお肉が広がらず、全体的にすっきりとしたバストらいんに。両カップの下には、縦のボーンが2つ入っているため、重さのあるバストでも、しっかり支え、胸の高さをキープすることができます。

WAIST NIPPER

Aラインに合うウエストニッパー

高いバスト位置をキープするのに必須

Aラインドレスの決め手となるバストの位置をキープするには、ウエストニッパーが必須。上記で紹介したセパレートタイプのブラとセットで身に着けることで、より高い補正力を得ることができます。ウエストニッパーによってアンダーバストを支えることができるため、バストラインをさらに高く、より美しくし、バストのボリュームをしっかりアップすることが可能です。また、体型に合わせてくびれの位置を調整できるのもポイントの一つ。ハイウエスト・ローウエストどちらにも対応できるため、どんなデザインのAラインドレスでもキレイに着こなせます。
以下では、上記で紹介したセパレートタイプのブラとセットで着るウエストニッパーの紹介をします。

おすすめのウエストニッパー

  • ウエストニッパー

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bloom-luxe.jp/menu/online/online/0017.html)

    ウエストニッパー

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    価格:19,440円(税込)

    ハイゲージパワーネットの設計により、高い位置でくびれたウエストラインを実現。美しい姿勢もサポートし、より美しいシルエットを作ることができます。同ブランドの「セミロングブラジャー」と合わせての使用で、バストを下から支え、より高い位置でバストをキープ。リフトアップパネルで、バストが流れてしまわないようサポートし、脇のお肉もカバーします。

  • エレガントD(ウエストニッパー)

    引用元:セモア公式サイト(http://www.cestmoibridal.com/lineup.html#eled)

    エレガントD(ウエストニッパー)

    セモア

    価格:55,000円(セット価格)

    人間工学に基づいた設計のもと作られた、セモアのウエストニッパー。サイドからウエストを引き締めることで、バストのすぐ下から下腹部にかけて、しっかり引き締まり、美しいくびれたラインをキープすることができます。セットのセミロングラインブラと合わせることで、バストからウエストにかけて、抜群の補正力でメリハリのあるボディラインが実現できます。

Aラインに合うマタニティインナー

お腹に負担がかからないインナーが◎

最近は授かり婚で、マタニティの状態で結婚式を挙げる花嫁さんも増えてきました。 Aラインのドレスは、妊婦でウエディングドレスを着る花嫁さんの中でも、人気の高いデザインになります。理由は、ウエストから裾にかけて広がるAラインのデザインは、お腹の負担が少なく、体のラインも美しく見せることができるからです。 そんな妊婦さんでAラインのドレスを着る方にお勧めのブライダルインナーは、マタニティ専用で作られているブライダルインナーです。妊娠初期でまだお腹が膨らんでいない状態であれば、セパレートタイプでウエストニッパーによる補正を行うのも視野に入れても◎。しかし、4カ月を目安にお腹も膨らんでくるので、お腹を押さえつけるようなセパレートタイプは使用せず、マタニティ専用のビスチェやブラといった、お腹に負担の少なく、腰への負担が軽減されるインナーを選ぶほうがいいでしょう。
以下では、Aラインタイプ希望で妊婦の花嫁さんに合うマタニティインナーをご紹介します。

おすすめのマタニティインナーアイテム

  • マタニティビスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(http://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000004/)

    マタニティビスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    価格:19,980円(税込)

    出産を控えている花嫁の身体を優しくサポートするインナー。編み上げデザインを採用することで、アンダーを変えずに、お腹の成長に合わせて調整可能、妊娠7~8カ月まで対応できます。二十構造設計で腰の負担も軽減。胸は、3Dフィットワイヤーにより、カップ上辺の浮きを軽減し、中央に寄せたバストをキープすることができ、妊娠中でも、綺麗なバストラインを作ることができます。

  • ソワ・ドゥ・マリエ_マタニティビスチェ

    引用元:ソワ・ドゥ・マリエ公式サイト(http://www.soie-de-mariee.com/matanity.html)

    シルクマタニティビスチェ

    ソワ・ドゥ・マリエ

    価格:25,000円(税込)

    妊婦さんのお腹の変化に合わせることのできる、レースアップタイプのインナー。妊娠4カ月から8~9カ月ごろまで対応可能。赤ちゃんのいるデリケートな腹部側にはボーンを使用しておらず、お腹の変化で負担のかかる腰側には、ボーンによって腰を支え、腰痛を軽減します。肌に優しい素材を使っているため、妊娠の変化でお肌が敏感になった方でも安心設計なマタニティビスチェです。

BRASSIERE

Aラインに合うフレアパンツ・ガードル

骨盤を安定させ、正しい姿勢をキープできるガードルを

ウエストから下のラインが外に響きにくいAラインのようなドレスは、ボトムの修正はあまり必要ありません。その場合は、締め付けが少なくリラックスして過ごせるフレアパンツ・ペチコートなどを選ぶと良いでしょう。ただ、補正の必要がなくてもガードルは着用しておいた方が◎。骨盤が安定して正しい姿勢を保ちやすくなり、スラッとしたAラインドレスのシルエットがより美しくなります。

おすすめのフレアパンツ・ガードル

  • ロングガードル

    引用元:bridalbloom公式サイト(http://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000009/)

    ロングガードル

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    価格:5,940円(税込)

    一番人気のボトムアイテム。腹部にあるHGパワーネットは、特殊二重構造により、下腹部をしっかりシェイプ、骨盤周りをサポートするため、美しい姿勢をキープしてくれます。抜群のヒップアップ効果は、理想的な美しいバックスタイルを演出。使用素材の「トリスキン」は、吸湿速乾性と心地よい肌触りを併せ持ち、真夏でも快適に挙式を過ごすことができます。

  • SQRE BEAUTE_フレアパンツ

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bloom-luxe.jp/menu/online/online/0019.html)

    フレアパンツ

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    価格:7,560円(税込)

    最高級レースと言われるリバーレースがあしらわれ、美しさにこだわったラグジュアリーなフレアパンツ。長時間のセレモニーと、ウエディングドレスの下に着ることも考慮し、素材にはアクアジョブトリコットを使用。しっとりさらさらの心地よい肌触りを体感できます。また、給水速乾性にもこだわっているため、長時間の挙式でも、快適に過ごすことができます。

VOICE

Aラインを着た先輩花嫁さんの声

  • イラスト

    実際よりも細く見えて良かったです

    いろいろと迷った末に、王道のAラインドレスを選びました。縦のラインが強調されるので、実際よりも細く見えるのが良かったです。デザインもたくさんあるので、ナチュラルで可愛らしいものをチョイスしました。

  • イラスト

    お色直しとの違いを見せたかったのです

    お色直しのドレスがゴージャスだったので、挙式はシンプルなAラインにしました。シンプルだけどビーズがたくさんついていて、色もちょっぴりピンクがかっており、大人っぽいイメージになりました。

  • イラスト

    意外と個性を出せるデザインです

    オフショルダーのAラインで、胸元の刺繍がとってもエレガント。Aラインは素っ気ないと思っていたのですが、たくさんデザインがあるので意外と個性を発揮できます。ドレス自体も重すぎなくて楽でした。

~Aライン編~ウェディングドレスのマメ知識

Aラインを世に送り出したのはファッションブランドのDIOR

プリンセスラインやマーメイドラインなど、ウェディングドレスにはさまざまなデザインがありますが、Aラインが誕生したのは1955年のこと。他のドレスラインと比べても歴史が浅いデザインです。

Aラインを生み出したのは、ファッションブランドとして世界的に有名な「DIOR(クリスチャン・ディオール)」。1995年に開催された新作コレクションショーでも大々的に発表されました。新たなドレスラインの誕生は、バイヤーをはじめ多くの人々を魅了し、ショーが行われた会場は大盛況だったそう。

ハイウエストで、裾に向かってゆるやかに広がるフレアスカートのデザインは、DIORの新作発表からすぐに世界中でヒットしました。DIORのネームバリューの高さはもちろん、シンプルながらもエレガントさを感じさせるAラインは世の女性たちの心を射止めたのでしょう。

ファッションモデルとして人気のミランダ・カーが、結婚式を挙げる際にDIORのAラインを着たことも話題となりました。海外のみならず、日本でも多くの女性に選ばれているデザインです。

Aラインは身長が高い人&ぽっちゃり体型の人におすすめ

アルファベットの「A」に似ていることからAラインと呼ばれるようになったこのデザインは、着る人の体型を選ばないのが魅力です。プリンセスラインと違ってスカートのボリュームが控えめになっているので、大人の女性にもおすすめ。

中でも、身長が高い人やぽっちゃり体型の人に似合います。Aラインは縦のラインが美しいドレスなので、身長が高い人であればスタイルを活かして着こなすことができるでしょう。

ぽっちゃり体型の人は「身長が高い人に似合うAラインを本当に着こなせるの?」と不安に感じるかもしれません。しかし、Aラインはウエストからスカートがふんわりと広がっているため、上半身をコンパクトに見せられるのです。足を長く見せてくれるのも嬉しいポイントの1つ。

また、二の腕を露出したくないと思っている人は、オフショルダーのAラインを選んでみてはいかがでしょうか。肩を露出して腕のみを袖で隠すデザインなので、体型をカバーするのにピッタリです。

ただ、露出している上半身に視線を集めたくない人もいるでしょう。その場合は、胸元のデザインがシンプルなオフショルダーを選んでください。

着こなし方で誰でも美しく演出できるのがAラインの強みです。ドレスに合ったヘアスタイルや小物、ブライダルインナーを取り入れて、あなたの個性を引き立てるウェディングドレス姿に仕上げていきましょう。

POINT

Aラインのドレスをステキに着こなすには

日本人女性の体型に合っていると言われているAラインドレス。全体のバランスが良いため、どんなスタイルの人でも着こなすことができるとされています。上半身を美しく見せることがポイントなので、ビスチェタイプで上半身をコンパクトにまとめたり、オフショルダーで上品にまとめるのもアリ。アクセサリーや小物も、大きめのものから控えめなものまで、イメージに合わせて如何様にもアレンジできます。また、なで肩の人はボレロを着用、ウエストが華奢な人は腰の部分にモチーフをプラスするなど、気になる部分のカバーも自由に楽しんで。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る