TYPE06

背中が大きく開いたドレス

背中の開いたウエディングドレスに適したインナー選び

背中の開いたウエディングドレスを着る方のために、おすすめのブライダルインナーをご紹介しています。どんなインナーを選んだらいいかといったポイントについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。先輩花嫁さんの経験談も要チェックですよ。

背中が大きく開いたドレスに合うドレスインナーとは

専用のインナーを選ぶことが大切です

近年、多くの花嫁さんから支持を受けている背中の開いたウエディングドレス。とてもセクシーで女性らしい魅力を押し出せるデザインですが、着こなしが非常に重要。インナーを上手に選ばないとドレスからはみ出してしまったり、十分な補正力を得られないこともあります。背中の開いたドレスを着用する場合は専用のインナーがあるので、迷わずそちらを選ぶようにしてください。

背中が大きく開いたドレスを着る際には、Vバックタイプのインナーを選びましょう。Vバックとは文字通り、背中の部分がV字にカットされているタイプのインナーです。Vカットのデザインであれば、両脇からななめ下方にカットされているので、背中の開きが大きくなります。
近年、インポートのドレスなどは、背中が大胆にカットされたデザインが多いもの。その際、Vバックのインナーを着用すれば、はみ出ることもなく安心です。
既成のインナーでは対応できないという場合は、お直しをしてくれるところもあります。ドレスに合わせてインナーをカットすれば、はみ出る心配もなく、体にフィットさせたインナーを作ることができるでしょう。

背中が大きく開いたドレスとは?

近年人気なオープンバックドレスとは?

近年では、オープンバックドレスと呼ばれる、背中が大きく開いたウエディングドレスも花嫁さんに人気なデザインとなっております。デコルテを広く見せるビスチェタイプやハートカットタイプとはまた違ったセクシーな魅力を持ったドレスです。「胸元が開いたデザインだとちょっと…」と考えている花嫁さんでも、背中ならいやらしく見えないため、挑戦しやすいと思うかたもいるのではないでしょうか。しかし、背中開きが大きいドレスを着る際に気を付けなければならないことがあります。それは、ブライダルインナーの背中の開き具合です。通常ブライダルインナーの25cm~27cmほどのため、ドレスの背中の開き具合によっては、ホック部分が見えてしまう可能性があります。もし、ヴァージンロードなど背中が出席者に見える場面で、インナーがはみ出していたら、せっかくの結婚式が台無しになってしまう可能性も。そのため、背中の大きく開いたドレスには、背中の開き具合に合ったインナーを選ぶようにしましょう。

背中が大きく開いたドレスにおすすめのブラジャー

バックレスタイプのビスチェが◎

背中の大きく開いたドレスを着たい花嫁さんにお勧めのインナーは、バックレスタイプのビスチェインナーになります。背中開きが通常のビスチェよりも大きいため、オープンバックドレスでもインナーが見えることなく美しい背中を見せることができます。 気を付けるポイントとしては、試着をきちんと行い、そのバックレスタイプで、インナーがはみ出さないか確認をすることです。バックレスタイプは、背中が大きく開いているのが特徴ですが、ブランド・商品によって、その開き具合は違ってきます。また、背中あきが大きいと、安定感が低くなることもあります。背中を綺麗に見せるためにも、一度試着を行い、背中からインナーがはみ出ていないかを確認してから決めましょう。
以下では、背中の大きく開いたドレスに合う、バックレスビスチェをご紹介いたします。

おすすめの
バックレスビスチェアイテム

  • ショートビスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(http://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000005/)

    ショートビスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    価格:14,580円(税込)

    背中開きのドレスに対応したショートビスチェ。背中開きが31~33cmと通常のビスチェよりも広く、背中開きが広いウエディングドレスに対応。インナーがはみ出ることなく、ドレスを着用することができます。3Dフィットワイヤーの採用により、背中から脇のお肉まで中央にしっかり寄せ、ボリュームと高さのあるバストを実現することも可能。超立体裁断パターンとパワーネットにより、美しいくびれを演出。

  • バックレスビスチェ

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bridal-beaute.jp/shopdetail/000000000004/)

    バックレスビスチェ

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    価格:21,600円(税込)

    背中および脇が開いたドレスに対応したビスチェタイプのインナー。背中の開き具合は29cm~31cm。バックレスデザインでも、高い位置でのバストキープ・美しいくびれを実現するため、カップ形状やボーン位置などにこだわり、安定した着用感を実現しています。特殊なワイヤーにより、カップ上辺の浮きを防止・寄せたバストをキープ。また、谷間のレースアップにより、花嫁さんそれぞれのバストに合わせて調整も可能です。

  • ロングビスチェ(6段タイプ)

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/bustier/6/)

    ロングビスチェ(6段タイプ)

    KEA工房

    価格:17,810円(税込)

    背中は6段使用のホックで、腰あたりまで開いたタイプのビスチェ。背中や脇の開きが深いため、背中開きのウエディングドレスにしっかり対応できます。開きが広く、支える部分が少なくなっていますが、脇ゴムの引きを強くすることで、しっかりとした着心地、ズレ落ちの防止を実現しています。カップは浅めのものを採用しており、ふっくらとした女性らしいデコルテを演出することが可能です。

  • 美フォルム

    引用元:TheD公式サイト(http://www.shop-the-d.jp/SHOP/SMB0001.html)

    美フォルム

    The D(ザ・ディ)

    価格:19,440円(税込)

    大きく背中が開いているドレスに最適なバックレスタイプのビスチェ。開きの大きいインナーはサポート力に欠けると言われる中、ザ・ディの美フォルムは安定感のみならず、胸元のボリュームアップも実現することのできるインナーです。5本のボーンにより、お腹と背中をしっかり支えるため、美しい姿勢をキープ可能。カップは胸に合わせて底の厚みを調整しているため、理想的なバストラインを演出してくれます。

背中が大きく開いたドレスに合うガードル

正しい姿勢をキープしてくれるガードルを選ぼう

背中が大きく開いたドレスの場合、背中を綺麗に見せることが重要になってきますが、その一つに姿勢の良さがあります。もし姿勢が悪く、挙式時に猫背状態でヴァージンロードを歩いたりしてしまうと、いくら背中自体が綺麗でも、姿勢のせいで美しく見えない可能性があります。それを防ぐために役立つのがガードルになります。ガードルというと、お腹を抑える・ヒップアップといった機能に注目しがちですが、骨盤周りのサポートをし、安定させるため、美しい姿勢をキープすることが可能です。また、上記で紹介したバックレスビスチェは、着丈感が短めなものもあるため、ロングガードルと組み合わせて使用することで、腰回りのサポートができ、より美しい姿勢で背中を見せることができます。
以下では、オープンバックドレスにおすすめのガードルを紹介いたします。

おすすめの
ガードルアイテム

  • ロングガードルH

    引用元:ブライダルボーテ公式サイト(http://www.bridal-beaute.jp/shopdetail/000000000010)

    ロングガードルH

    ブライダルボーテ

    価格:10,800円(税込)

    ハイウエストタイプのロングガードル。骨盤周りの計算された圧力と、独自の立体裁断で、丸く引き上がったヒップラインの実現はもちろんのこと、骨盤周りもサポートすることで、美しい姿勢を長時間キープすることが可能です。素材にはトリスキンを使用しており、お肌に心地よくフィットし、速乾性にも優れているため、1日を快適に過ごすことができます。

  • ロングガードル

    引用元:bridalbloom公式サイト(http://www.bridal-beaute.jp/shopdetail/000000000004/)

    ロングガードル

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    価格:5,940円(税込)

    HGパワーネットの採用により、骨盤周りをサポートし、美しい姿勢を長時間キープ。また、抜群のヒップアップ効果で、高い位置で腰のラインを演出することが可能。美しいバックスタイルを実現することができます。腹部の特殊二重構造により下腹部もしっかりシェイプします。骨盤周りをサポートするため、ウエスト丈のショートビスチェとの組み合わせにおすすめの商品です。

VOICE

背中が大きく開いたドレスを着た先輩花嫁さんの声

  • イラスト

    可愛いよりもセクシーを選びました

    可愛いよりもセクシーを選びたくて、背中が大きく開いたデザインを選びました。大胆なデザインではありますが、全体的にみるとクラシックな感じで、厳かな教会式にもピッタリだったと思います。

  • イラスト

    列席者からの評判も良かったです

    バックレスのドレスは、やはり勇気がいりました。でも、背中のエステやシェービングなどを頑張ったおかげか、列席した人からも評判が良かったです。写真うつりも思ったより良くて、自分でも良い思い出になりました。

  • イラスト

    とてもゴージャスな見栄えに満足

    海外挙式で列席するのは新郎・新婦だけだったので、背中がV字に大きく開いている大胆なデザインを選びました。背中は自分では見られないので写真を撮ってもらいましたが、とてもゴージャスで満足です。

背中が大きく開いたドレスをキレイに着るためのケア

スキンケアやダイエットでスッキリキレイな背中に

背中の大きく開いたドレスを着る際には、美しい背中でありたいものです。バージンロードや披露宴で入退場をする際には、背中に視線が集まります。背中の開いたドレスを着ていなくても、背中は見えるものです。普段はなかなか背中のケアをしていないという人でも、結婚式前には集中的にケアをしましょう。注意したいのは肌の美しさです。ニキビや日焼け跡などが残っていると、美しいドレスもキレイに見えません。背中ニキビなど肌トラブルは自分ではチェックしづらいものですが、ブライダルエステなどを利用して、キレイにしましょう。ニキビによっては短時間ではケアできないものもあるので、計画的にケアをすることが大事です。

また、背中にも脂肪がついています。無理に締め上げたドレスのワキから贅肉がはみ出ていては恥ずかしいもの。式当日までにはスッキリした背中を手に入れましょう。美しい背中は肩甲骨周りがスッキリしているものです。トレーニングやダイエットなど、長期的な計画を立ててキレイになりましょう。さらに注意したいのが姿勢です。猫背では美しい背中とはいえません。背中が丸くなってしまうクセがある人は、普段から背筋を伸ばすようにしましょう。当日もできるだけ胸を張って、背筋を伸ばすよう心がけることを忘れないことが大事です。

POINT

背中が大きく開いたドレスをステキに着こなすには

背中の開いたドレスはセクシーですが、肌の露出が多めでもいやらしくなりにくいデザインなのが特徴。それどころか、花嫁のバックスタイルを華やかに演出してくれます。美しい後ろ姿がポイントですから、ヘアスタイルはアップにしてスッキリまとめると◎。 全体のイメージがゴージャスなので、アクセサリー類はさりげないものをチョイスすると良いでしょう。
さりげないアクセサリーがおすすめとはいえ、アクセサリーでもっと華やかに演出したいという方もいるでしょう。そんな人はバックワードネックレスをチェック!バックワードネックレスとは、背中にネックレスを垂らすスタイルです。新鮮で華やかな印象を与えることができます。華奢なデザインもシンプルでおしゃれです。バックワードネックレスにもさまざまな種類があるので、好きなデザインを探してみてくださいね。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る