TYPE01

プリンセスライン

プリンセスラインに最適なドレスインナーの選び方

可愛らしいイメージで人気を集める、プリンセスラインに適したドレスインナーの特徴・選び方についてご紹介しています。おすすめアイテムもピックアップしていますので、ぜひ参考にしてください。

プリンセスラインに合うドレスインナーとは

美しいデコルテとウエストのくびれがポイント!

プリンセスラインのウエディングドレスは、ウエストより上がタイト・ウエストより下がふんわりと広がったドレス。その名の通りお姫様のような可愛らしさとゴージャスさがあり、大きな披露宴会場でも見栄えのするデザインが多くなっています。そんなプリンセスラインのドレスインナーは、バストを高い位置でキープしてキレイなデコルテラインを作れるもの・キュッと引き締まったウエストを作れるものが最適。とくに、裾にボリュームのあるデザインは上半身の補正が重要となるため、ブラジャー・ビスチェの選び方には気を使った方が良いでしょう。ちなみに、ベルラインのドレスインナーも選び方は同様です。

プリンセスラインのドレスを美しく着こなすポイント

プリンセスラインのドレスを着る時に気になる部位

プリンセスラインのドレスは、ふんわりとしたウエスト下の広がりがポイントであることは前述のとおりです。そのふんわり感を際立たせるために、上半身のシルエットの作り方は非常に重要です。特にメリハリのきいた上半身をいかに綺麗に作れるが、プリンセスラインの美しいシルエットを完成させるのに大きな鍵を握っているといえるでしょう。

バストやウエストはもちろんのこと、ドレスを着ると露出されるデコルテや二の腕、背中などの部位もドレスを着る時には気になる部位になることでしょう。背中や二の腕は、プリンセスライン以外のドレスを着る際にも人目に触れる機会が多くなりがちな部位です。美しい花嫁姿を披露するためにも、事前のお手入れを入念に行うことをおすすめします。

プリンセスラインのドレスはどんな人に向いている?

プリンセスラインのドレスは、ウエストから下の部分がふんわりと広がっているため、下半身が特に気になるという方に向いています。下半身が隠れる分、上半身の美しいシルエット作りに集中することができます。

バストの形をきれいに整え、ウエスト部分をキュッと引き締めることで、上半身の人目に触れる部位の美しさをキープすることが重要です。そのために大切なのは、それぞれに適したインナーを上手に使うことです

プリンセスラインのドレスをさらに綺麗に着るために

ウエストから下のスカートの部分は、パニエというインナーを使ってボリュームを調整できます。それに対して、上半身のシルエットについては部位別に適したブライダルインナーを活用し、集中的に美しいシルエット作りることが大切です。上半身にメリハリのあるシルエットが作れると、ふんわりしたスカート部分の美しさがさらに際立ちます。また、全身のバランスが決まって、スタイルよく見える効果も期待できますね。

BRASSIERE

プリンセスラインに合うブラジャー・ビスチェ

重みのあるドレスは
インナーで上半身を安定させて

プリンセスラインのドレスインナーのポイントは、バストの次にウエストのくびれ。裾にボリュームのあるデザインが多いため、とくに重たい場合のドレスインナーは、上半身をしっかりと安定させられるものが◎。ブラジャーはトップを高い位置でキープできるよう、補正力・安定力の高いものを選びましょう。ウエストニッパーを使えば、ブラジャーで補正したバストのトップ位置を変えることなく、理想的なくびれを実現。重みのあるドレスにも負けません。デザインが軽めであれば、ビスチェでもOK。セパレートのようにブラとニッパーが重なり合わないため、スッキリとしたラインが実現します。この場合もバストを高い位置で保持でき、ウエストをしっかり引き締められるものを。

胸が小さい人でもプリンセスラインは着れる!

胸が小さい方はインナーの補正力を使ってバストアップをしてプリンセスラインのドレスを着こなしましょう!

美しいデコルテや胸元を魅せるプリンセスラインのウエディングドレスを着こなすには、胸にボリュームが必要です。そのため「胸で着る」とも言われています。そうなると気になるのが、胸のサイズ。小さいサイズの方は「自分のバストサイズでプリンセスラインは着れないのでは…?」と思うかもしれません。一般的にも胸の小さい方はボートネックやハイネックがオススメといわれています。しかし、華やかなプリンセスラインのドレスが着たい方もたくさんいるはずです。そこで、ブライダルインナーが強い味方になってくれます!胸を補正し、脇や背中のお肉を胸でキープできるような補正力が高いものがおすすめ。高さを出すためにパットを使ってもいいでしょう。

体系に合わせたドレスを選ぶのも大事ですが、体系をドレスに合わせ、憧れのデザインのドレスを着て幸せな一日を迎えましょう。

ビスチェ

  • bridal-bloom_ビスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(https://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000002/)

    ビスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    14,500円(税別)

    付属しているパットを使いバストアップがカンタンにできるビスチェ。3Dフィットワイヤーにより、胸元を立体的に仕上げてくれます。また、お辞儀をしたときなどのカップの浮きも抑えてくれますよ。5段フックと立体裁断により、美しい胸元とくびれを同時に手に入れることがでるため、プリンセスラインのドレスをより美しく着こなせます。

  • KEA工房_ロングビスチェ 9段タイプ

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/bustier/9/)

    ロングビスチェ(9段タイプ)

    KEA工房

    14,800円~(税別)

    シンプルなデザインのビスチェ。トップバストの位置がよくわかる深めのカップと厚めのパットを合わせれば胸のサイズが小さい方でも美しいデコルテを作ることができます。ロングタイプのためウエストが気になる方でもきれいなくびれを実現。両カップの下にはバストを支える縦のボーンが入っているため、ストラップが無くても胸の位置をしっかりキープしてくれますよ。

ブラ

  • SQRE BEAUTE_3Dレースブラジャー

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bloom-luxe.jp/menu/online/online/3dlacebra.html)

    3Dレースブラジャー

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    15,000円(税別)

    バストに高さを出し美しいシルエットにしてくれるブラジャーです。胸元に隙間ができないように、谷間中央に特殊な「くの字」型ワイヤーが入っています。また、ドレスを美しく見せるために、バージスラインをしっかりとキープ。オリジナルカップ部分は脇肉もしっかりカバーしてくれるので、きれいなシルエットを演出できます。

  • KEA工房_セミロングブラ

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/bura_nipper/semilong_bra/)

    セミロングブラ

    KEA工房

    11,800円(税別)

    深めのカップと出し入れ可能なパットを使うことで、ボリュームのある胸元を演出できます。丸みを帯びた女性らしいシルエットはプリンセスラインのドレスにぴったり。セパレートタイプのためバスト位置をキープするのに向いています。また、丈が短めなので締め付けられることがありません。

胸が大きすぎる人でもプリンセスラインは着れます!

ブライダルインナーにはバストのボリュームを抑えるものがあり、コンパクトな上半身を実現してくれますよ。胸にボリュームのある人がシルエットを気にかけずにプリンセスラインのドレスを着てしまうと、何だかだらしない印象を与えてしまうと言います。メリハリがつき過ぎて「ひょうたん」のようなシルエットになってしまったり、胸が重力に負けて谷間が開き寸胴に見えてしまったりするのです。

そうした残念さを解消してくれるのが、バストサイズが大きめの方用のブライダルインナー。カップの形や大きさに合わせフィッティングを駆使することでバストのボリュームダウンが可能です。また、くびれをきれいに作れば、よりプリンセスラインのドレスが似合うでしょう。胸の重みに負けない補正力とキープ力に優れたものを選ぶのがコツです。

バストサイズを丁度良いサイズにボリュームダウンしてくれるブライダルインナーを選べば、憧れのお姫様に変身できますよ。

  • リュクシー_ブライダルインナー パーフェクトビスチェ

    引用元:LuXY公式サイト(http://www.luxy-t.jp/i/ly-19)

    ブライダルインナー パーフェクトビスチェ

    LuXY(リュクシー)

    10,260円(税込)

    ボリュームのある胸をなだらかに整えるタイプのビスチェです。E~Iカップまで対応できるフリーカップ仕様。なだらかなバストにしつつも、女性らしい丸みを帯びたラインはしっかりと残してくれます。また、ウエストにはしっかりとくびれができるようデザインされているので、上半身と下半身のバランスがよいシルエットが作れますよ。

  • KEA工房_サイズオーダービスチェ

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/order/)

    サイズオーダービスチェ

    KEA工房

    30,000円から

    Fカップ以上ある方のためにKEA工房が用意したのが、1人ひとりのオーダーに合わせたビスチェ。胸をつぶしてしまうのではなく、しっかりとカップに収めコンパクトな印象にしてくれます。カップの下には2本のボーンが入っており、胸をしっかりと支え谷間が広がりにくい設計。ビスチェタイプなのでウエストラインもキレイに見せることができますよ。

ウエストニッパー

プリンセスラインを美しく着こなすためにはデコルテも大事ですが、美しいくびれも大事。立体感のある胸元と、メリハリのあるくびれによって、プリンセスラインのドレスはより一層着る人を美しく見せてくれますよ。普段の補正下着でもいいと思っている方もいるかもしれませんが、普段着とドレスでは作りが違います。ブライダルインナーはウエディングドレスに合わせて作られているため、ドレスを美しく着るのならブライダル専用のインナーが一番なのです。ウエストニッパーはくびれを美しく見せてくれるだけでなく、ボーンが姿勢を保ったり腰の負担を軽減したりしてくれます。

  • SQRE BEAUTE_ウエストニッパー

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bloom-luxe.jp/menu/online/online/3dwaist.html)

    ウエストニッパー

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    12,000円(税別)

    同タイプのブラジャーと併用することで、ニッパーが胸を支え理想のボディラインを作り出すことができます。体に合わせてしなるコイルボーンと伸縮性が高いパワーネットにより、美しいくびれを実現。体に負担がかからない設計になっているため、座っても美しいウエストラインはそのまま保たれます。それでいて苦しくない着心地が評判です。

  • KEA工房_ウエストニッパー

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/bura_nipper/weist_nipper/)

    ウエストニッパー

    KEA工房

    9,000円(税別)

    セミロングブラと組み合わせることで、胸をしっかりと支えてくれるウエストニッパー。また、12段あるバックホックが、しっかりとしたくびれを作ってくれます。腰をしっかりと支えてくれるため、結婚式が終わった後でも産後の引締めや腰痛の緩和用としてつかえるので経済的です。

プリンセスラインを着こなせるマタニティ用インナー

マタニティ用のブライダルインナーは妊娠何か月目かによって選び方が変わってきます。

妊娠3か月目ごろまでは、つわりや体調不良になりやすいため、締め付けるタイプのブライダルインナーはおすすめできません。着てみて負担にならない構造のものを選びましょう。

体調が安定してくる5か月目ぐらいからは、プリンセスラインがキレイに見える「バスト」を美しく補正してくれるインナーを選びましょう。そのかわり、大きくなったお腹を守ってくれるデザインが◎。

プリンセスラインを美しく見せるには、バストトップの位置が重要。なるべく高めでフィット感もあるものがおすすめです。着け心地が良く、式の最中でも快適に過ごせるものを選ぶのが望ましいです。体系の変化が激しい時期になるので、購入するのは式の1~2カ月前が良いでしょう。お腹の赤ちゃんに負担をかけず、キレイなドレス姿が保てるインナーなら幸せ倍増ですね。

  • bridal-bloom_マタニティビスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(https://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000004/)

    マタニティビスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    19,980円(税込)

    気になるお腹の大きさも、編み上げデザインなので調節が可能。妊娠初期から8カ月ごろまでの妊婦さんに対応できる作りになっています。また、腰回りの負担軽減を考えた構造になっているため長い時間の式でも疲れにくくなっていますよ。オフホワイトの生地とオシャレなレースのデザインが清楚で可愛らしい印象を与えてくれます。

  • シルク マタニティ ビスチェ

    引用元:ソワ・ドゥ・マリエ公式サイト(http://www.soie-de-mariee.com/matanity.html)

    シルク マタニティ ビスチェ

    ソワ・ドゥ・マリエ

    25,000円(税抜)

    お腹のサイズにあわせて調節できる編み上げタイプのため、妊娠4か月~8カ月ごろの妊婦さんに対応できるマタニティビスチェです。また、妊娠にともなってバストカップ数が上がることも考慮して作られています。肌に優しい生地で作られているため、肌の強くない方でも着ることができますよ。

プリンセスラインに合うガードル・フレアパンツ

ガードルで美しい姿勢をキープしよう

プリンセスラインのドレスは、ふわっと広がるボリュームのあるスカートが特徴。ウエストから下のラインが外に響きにくいため、ボトムをがっちり修正する必要は少なめです。場合によってはショーツの上にペチコートのみでもOKですが、美しい立ち姿をキープするならガードルの着用がおすすめ。腰周りをしっかり支えてくれるため、長時間の式でも疲れを感じにくくなります。

おすすめのアイテム

  • プリンセスライン_ブライダルボーテ_ロングガードルH

    引用元:ブライダルボーテ公式サイト(https://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000002/)

    ロングガードルH

    ブライダルボーテ

    価格:10,800円(税込)

    ハイウエストタイプなので、おなか周りやヒップラインをキレイに整えてくれます。プリンセスラインの場合、スカートのボリュームに隠れがちですが、ガードルを履くことでドレスを着たときのシルエットが変わりますよ。長時間の式でも疲れにくい裁断法と補正力、そして肌にフィットする着け心地が魅力。挙式後でもリピートする花嫁さんも多いと言います。

  • プリンセスライン_SQRE_3Dフレアパンツ

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(https://www.bridal-bloom.jp/shopdetail/000000000002/)

    3Dフレアパンツ<SQRE>

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    価格:5,400円(税込)

    スカートの中の蒸れを防いで、さらさらとした肌触りを保ってくれるインナーです。肌とスカートが汗でくっつかないため、足さばきが良くなり美しい歩き姿を保てますよ。また、スカートがまとわりつかないため、着崩れしにくくなる特徴が。フレアパンツを履いていれば、お色直しのときにショーツ一枚の姿を見られることも無く、エチケットも完璧と言えますね。

VOICE

プリンセスラインを着た先輩花嫁さんの声

  • イラスト

    やっぱり「お嫁さん!」って感じがいいです

    王道のプリンセスラインを選びましたが、やっぱり見栄えがいいです。広い会場にも負けませんし、何より「お嫁さん!」って感じがしますね。こういったデザインのスカートは結婚式でもないと一生着られないと思うので、思い出作りとしてもおすすめ。

  • イラスト

    大きな披露宴会場にも見合うゴージャスさ

    披露宴会場が大きかったため、それに見合うゴージャスなプリンセスラインのドレスを選びました。普段あまりカワイイ系の服は着ないので柄じゃないかなとも思いましたが、そのギャップが受けました。

  • イラスト

    重みがあるので歩くのは結構大変!

    フワッとしていて花のモチーフが付いている、まさにお姫様のようなドレスにしました。教会式でバージンロードが長かったんですが、重みがあるので歩くのは結構大変でした。でも、写真写りは最高ですよ。

~プリンセスライン編~ウェディングドレスのマメ知識

ウェディングドレスの始まりはローマ帝国の時代

ウェディングドレスの歴史は古く、紀元前のローマ帝国の時代までさかのぼります。当時、ヨーロッパにキリスト教が広まったことで教会での結婚式が盛んになりました。その際、皇族や貴族の花嫁が着用したのが始まりだといわれています。

この頃のウェディングドレスはサフランを染料にした「黄色のドレス」でした。とくに色は決まっておらず、青や赤、黒といったドレスがあったようです。

プリンセスラインが登場したのはヨーロッパ中世

プリンセスラインは上半身のデザインは体のラインに沿ってぴったりとフィットし、ウエストあたりからパニエを使ったボリューム感あふれるシルエットが特徴的です。登場したのはヨーロッパ中世といわれており、ウエストあたりが細く見えるデザインが好まれ、多くのプリンセスが身にまとったそう。

また、1840年にイギリスで行われたアルバート公とヴィクトリア女王の結婚式でも、プリンセスラインのウェディングドレスが作られています。上半身には最高級のレースが施され、制作にはベールを含めて7ヶ月以上。集められた職人も200人以上だったといわれています。

遠目から見ても可憐なプリンセス感を演出できるドレスのデザインは、結婚式の主役である花嫁にピッタリだといえるでしょう。

プリンセスラインは花嫁に最も選ばれているデザイン!

上半身はタイトに締め、ウエストは絞りながらパニエでボリュームのあるスカートにしているプリンセスは、どんな人でもメリハリのあるスタイルにしてくれるのが最大の魅力です。ふんわりと広がったスカート部分が下半身をバッチリ隠してくれるため、「お尻が大きい…」と悩んでいる人でも問題ありません。パニエでスカートのボリューム感を調整すれば、ぽっちゃりした体型の人でも着こなせます。

小柄な人もほっそりとした人もそれぞれ可愛らしく、美しいお姫様に変身させてくれるのです。

そのため、プリンセスラインはウェディングドレスの王道といわれるようになり、世の女性たちに最も選ばれています。年齢関係なくおすすめできるデザインですが、愛らしさを感じさせるドレスなので、とくに20代~30代の花嫁から支持されているようです。

ヘアスタイルを選ばないのも人気が高い理由の1つ

髪をまとめて結い上げるアップスタイルも、下してアレンジするダウンスタイルも合わせやすいのがプリンセスラインの魅力です。

アップスタイは全体のシルエットが美しい三角形になり、上品な印象を与えます。ダウンスタイルなら、品の良さを演出しながらも柔らかい雰囲気を醸しだすのがポイント。

どんな髪型でも合わせやすいことも、プリンセスラインが「王道スタイル」と呼ばれる理由の1つなのでしょう。

鍵
POINT

プリンセスラインのドレスをステキに着こなすには

可憐な雰囲気のプリンセスラインは、王道のウエディングドレスとして人気を集めるデザイン。フワッと広がる裾がボリューム満点なので、広い披露宴会場でもバツグンの存在感を発揮できます。そんなプリンセスラインを上手に着こなすポイントは、何といってもデコルテライン。バストに自信がない方はインナーで補正し、ふくよかな人はビスチェなどで上半身をコンパクトに収めると良いでしょう。ウエストもインナーで補正はできますが、イマイチ自信がないなら上半身に大きめのコサージュやリボンをあしらうと◎。周囲の視線をうまく外すことができますよ。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る