COMPLEX05

大きなサイズの
お悩み

大きいサイズのブライダルインナーはどう探す?

ぽっちゃりさんや背高さん、グラマーさんなど、大きいサイズの花嫁さんはブライダルインナーを味方につけることで、グッとドレス映えするボディラインを作ることができます。このページでは体型別にインナー選びのコツとおすすめ商品をご紹介します。

SELECTION

大きなサイズのお悩み別|
ウエディングドレスのインナー選び

ぽっちゃりさん、背高さんにおすすめのブライダルインナー

  • 3Dトールニッパー

    SQRE BEAUTE(スキュレボーテ)

    3Dトールニッパー

    引用元:SQRE BEAUTE公式サイト(http://www.bloom-luxe.jp/menu/online/online/3dtallwaist.html)

    身長の高い人のために丈を長めにしたロングタイプのウエストニッパー。バストを下から支えながら、高い位置で美しいウエストラインを作ります。

  • グラマーサイズロングビスチェ

    KEA工房

    グラマーサイズロングビスチェ

    引用元:KEA工房公式サイト(http://www.kea-kobo.com/bridalinner/lineup/bustier/glamour/)

    F~Hカップのグラマーさんの大きいバストをしっかりサポートして、スッキリしたラインを作ります。ロングタイプだから下腹部もシェイプ。

  • ラグジュアリービスチェ

    bridalbloom(ブライダルブルーム)

    ラグジュアリービスチェ

    引用元:bridalbloom公式サイト(https://www.bridal-bloom.jp/online/item/06.html)

    アンダー105cmまでOKのぽっちゃりさん専用ビスチェ。オリジナルボーンと1Wayメッシュ構造で両脇のお肉をスッキリ見せながら、やわらかいお肉を収納してバストを高い位置にキープ。

悩み1

ぽっちゃりな人

メリハリボディを目指そう

結婚式に向けて、ダイエットをしようと考える方は多くいます。特にぽっちゃり体型の人は、自分に合ったドレスを着るために食事量を減らすなどのダイエットに走りがちです。ダイエットが必要な場合もありますが、その前にどういったドレスを着るかを決めましょう。ウェディングドレスは欧米で生まれたものなので、メリハリのあるぽっちゃりな体型のほうがよく似合うものです。あまり痩せてしまうと、ウェディングドレスを美しく着こなすことができなくなるかもしれません。

ただし脂肪が付いていればなんでも良いかというとそうではありません。大事なのは美しく見えるようにインナーで補正をすること。ブライダルインナーはそのために存在するのです。バストとヒップのボリュームがあるならウエストはくびれて見えるもの。細くするのではなく、もともとあるボリュームを活かしてメリハリのあるボディを作ることが大事です。

上半身をすっきり見せる
専用インナーも充実!

上半身にボリュームがあるグラマーさんやぽっちゃりさんは、お肉がやわらかく流れやすいため、いかに上半身をシェイプしてスッキリしたラインにできるかが勝負どころです。ブライダルインナーの中には大きいサイズの方専用に設計されたものがありますので、チェックしてみましょう。特に充実しているのがビスチェ。お肉をしっかり支えて収納する特殊設計や、バストを包み込む大きめカップなど、上半身をスッキリさせながら必要なボリュームはキープすることができます。

締め付けが強すぎるインナーには注意

ぽっちゃりな女性の場合、ブライダルインナーで体を締め付け細くしようとするケースは少なくありません。しかし、それは思わぬトラブルにつながります。締め付けにより体が圧迫されると、想像以上の負担がかかるのです。短い時間であれば我慢できるかもしれませんが、挙式は長時間かかるもの。途中で息苦しくなる、気持ちが悪くなるなどといったトラブルが起こる可能性があります。せっかくの幸せな時間を、気分が悪いまま過ごすのは避けたいでしょう。体調が悪いとステキな笑顔も作れなくなってしまい、ゲストの方にまで心配をかけることにもなりかねません。そうならないためにも、締め付けが強いインナーは避けることが重要です。快適に過ごせて、スッキリ見せるインナー選びをしてみてください。

ブライダルインナー専門店で選ぼう

ウェディングドレスはぽっちゃりな人に対応できるものが増えてきました。しかし、ぽっちゃり体型に対応するブライダルインナーが豊富なお店はそう多くありません。自分に合ったインナーを見つけるためには、ブライダルインナーの専門店がオススメです。

専門店であればしっかりと採寸をしてくれるため、自分の正しいサイズを把握できます。そのうえで希望のドレスを美しく見せるためにはどのようなインナーが必要か、プロの目から選んでもらえるのです。フィッティングも丁寧にしてくれるため、締め付けすぎ、ゆるすぎといったトラブルはなくなります。式当日も快適に過ごせるでしょう。

またインナーは早めに購入することをオススメします。これは購入したあとに普段から身に着けることで、体のラインを整える効果が期待できるためです。

  • グラマーな人

ぽっちゃりさんでバストサイズもある人の場合、『太って見えて嫌…』と感じる方もいるでしょう。ウェディングドレスは胸がないと着こなせないデザインもあるほどですが、バストラインを美しく見せるにはやはり上半身をコンパクトにすることがポイントです。

特にバストトップの位置が下がっていると太って見えてしまったり、姿勢が悪い印象になりがちです。胸が大きくサイズダウンしたいというページでおすすめのブライダルインナーをまとめていますので、こちらも是非参考にしてください。

悩み2

身長の高い方

上半身をスッキリさせて
ゴージャス感を演出!

身長が高い人はドレスをゴージャスに着こなせる恵まれた体型ですが、反面でボリュームがある人は圧迫感が出てしたり、細身の人はドレスの重さにインナーが持ちこたえられずズリ落ちやすくなるといった悩みも。そんな背高さんは脇やウエストをひきしめて、バストにボリュームを作る上半身の整え方がポイントになります。ウエストニッパーやビスチェを取り入れて、サイドはすっきり・バストはふっくらな上半身を作りましょう。

大きいサイズの人向けドレスや小物の選び方

ぽっちゃりさん

Aラインやプリンセスラインがおすすめ

少しぽっちゃりとしている方がウェディングドレスを選ぶときには、色や素材はもちろん、デザインも大切です。体型にあまり自信がない方は、自分の体をきれいに見せてくれるドレスを選んでみるのもおすすめです。

クラシカルなAライン

Aラインのウェディングドレスは、少しふっくらとした体型の方におすすめです。Aラインとは、ドレスの形がAの形になるように広がっていくシンプルなデザインのドレス。 クラシカルで清楚な雰囲気を出しつつ、お腹周りや足をしっかりカモフラージュしてくれるので、ウエストや太もものお肉がちょっぴり気になる花嫁さんから人気のウェディングドレスです。

可愛らしいプリンセスライン

プリンセスラインは、物語に出てくるお姫さまのように、スカート部分がふんわりと膨らんだデザインのウェディングドレス。お腹や太もものラインをすっぽりと覆うドレスなので、ウエストから下半身のラインが気になる花嫁さんにピッタリ。また、お腹を締め付けないデザインなので、妊婦さんからの人気も高いデザインです。

シンプルで大人っぽいデザインを探しているならAラインを、キラキラとしたかわいらしいデザインを探しているならプリンセスラインを選んでみるのも良いかもしれませんね。

カラードレスの選び方の注意点

ウェディングドレスを選ぶときには、お色直しのためのカラードレスも一緒に選ぶのではないでしょうか。そのときに気をつけてほしいのが、カラードレスの「色」です。

少しふっくらした体型が気になる花嫁さんは、全体のラインを引き締める色を選びましょう。色の効果は不思議なもので、同じサイズでも大きく見えたり小さく見えたりするものです。

体を大きく見せてしまう「膨張色」に気をつけて!

色には、見る人を錯覚させる力があります。こちらに向かって来るように見え、膨らんでいるようなイメージを与える暖色系・明るい色を「膨張色」、後退していくように見え、縮んでいるようなイメージを与える寒色系・暗い色を「収縮色」と呼びます。

レッド・イエロー・オレンジなどの暖色系や白・ピンクなどの明るい色は、前進しているように見えます。輪郭がぼやけて膨らんでいるように見えるので、膨張色のドレスは細い方であってもぽっちゃりしているように見えてしまうのです。

一方、グリーンやブルーなどの寒色系や黒・グレーなどの暗い色は輪郭がかっちりとしており、体のラインが引き締まって見える色です。黒い服を着ると引き締まって見えるのは、黒が収縮色だから。白い服を着るとふくよかに見えるのは、白が膨張色だからです。

このように、色を変えるだけで大きく感じられたり、小さく感じられたりします。深いブルーやグリーンなどのドレスは、体を細く見せる効果があります。

ウエスト周りにポイントを入れてメリハリをつければ明るい色もOK!

「収縮色」と呼ばれる寒色系や暗い色が好きであれば、膨張色を避けてドレスを選ぶのも良いでしょう。しかし、「やっぱり結婚式は明るい色のドレスが良い。ピンクやオレンジが着たい!」と考える方もいるでしょう。ピンクやオレンジは膨張色ですが、体型に自信がない人以外は着てはならない色というわけではありません。

膨張色の特徴は、全体が明るい色だと膨らんで見えてしまうということです。もし暖色系や明るい色のカラードレスを着るのであれば、暗い色のベルトを締めると良いでしょう。ベルトを締めるだけで色にメリハリが出ますから、大きくは見えません。お腹周りをベルトで締めるだけでもウエストが細く見えるはずです。明るい色のドレスを着る場合は、腰回りにベルトやリボンなどをあしらってみると良いでしょう。

柄物を選ぶときは、タテの模様を選びましょう

柄の入っているものは、できるだけタテにラインが走っているタイプを選ぶと、よりスッキリと見えます。反対に、ボーダーのように横に模様が入っていると体の横幅が強調されてしまうので、できれば選ばない方が良いでしょう。 気になる柄があったら一度試着をしてみましょう。無地のドレスと比べてみて、大きく見えてしまわないかどうかをチェックしてみるのも良いですね。

より美しく着こなせる和装にするのもアリ

もし「お色直しにどんなドレスを着たら良いのか分からない…」と悩んでいるのであれば、思い切って和装にしてみるのも良いかもしれません。少しふくよかな体型の方は、色打掛がよく似合います。和服はスレンダーな人よりも、しっかりとした体型の女性に似合うように作られているので、より美しく着こなせるのです。

結婚式はたいてい、ウェディングドレスからカラードレスへのお色直しが一般的ですが、和装で登場すれば一気に場が華やぐでしょう。特にご年配の親族からの受けも良いはずです。体型に合っているというだけではなく、そういったメリットがあるのも和装の魅力ですね。

背高さん

スレンダーラインやマーメイドラインがおすすめ

「身長が高いばっかりに、ドレスが制限されてしまう…」と考えてしまう花嫁さんもいるかもしれませんが、それは違います。長身ということは、他の方が真似できない魅力を持っているということもあるのです。

高身長だからこそ、着こなせるデザインもあります。例えば、高身長の方はスリムなウェディングドレスが映えます。スレンダーラインやマーメイドラインなどはスタイルよく着こなせるでしょう。

自分の魅力を抑えないデザインを選んで

身長が高い方は、頑張って低く見せようとしてしまいがち。ですが、低く見せるよりも高身長のスタイルの良さを前面に出した方が華やかで美しくなります。

高さを気にしすぎて低すぎるヒールを選ぶことや、中途半端に切れている丈のドレスを着用すると、かえってバランスが悪くなってしまいます。丈を短くするならひざ丈のミニ、ヒールも低すぎない7センチくらいのものであればバランスが取れます。身長が高いからこそ似合うスタイリッシュな着こなしを楽しんでくださいね。

ドレスショップのショーウィンドウに飾られているマネキンは、一般的な日本女性よりもすこし大きめにつくられていることをご存じでしょうか。ドレスショップに飾られていて、つい目を惹かれたドレスなどは、そのままのイメージで着こなせるかもしれないのです。

高身長さんは海外ブランドのドレスも映える!

さらに、高身長花嫁さんなら海外ブランドのドレスという選択肢もあります。一般的な慎重だと海外製のドレスは大きすぎる可能性がありますが、高身長花嫁さんなら難なく着こなせる、それどころかピッタリのサイズが展開されている可能性が高いのです。

スリムでいながらゴージャス感を出せる高身長さんならではの着こなしは、真似をしようと思ってもできるものではありません。

ローヒールを選ぶ

ウェディングドレスは、一般的には、10センチのヒールを履くことを前提に作られています。ウェディング用のヒールは安定感があり歩きやすいようにできているのですが、身長の高い花嫁さんが履いてしまうと、新郎さんやお父様とバージンロードを歩くときに、身長差が気になるという方もいらっしゃいます。ですから、長身の花嫁さんはローヒールを選ぶと良いでしょう。5~7センチくらいのヒールがおすすめです。

10センチのヒールを履くと、ウェディングドレスの丈が足りずに足が見えてしまうことにもなりかねません。ドレスのデザインにもよりますが、布地の多いプリンセスラインやAラインのドレスだと、ボリュームがあり遠くから見ると全体的に大きく見えてしまうこともあります。

高いヒールを履くメリットは、足が長く見える、腰が高く見える、エレガントな歩き方になる、というものがあります。特に足が長く見えるという効果が大きいため、高身長花嫁さんにもハイヒールを履いてほしいところ。

ですが、どうしてもぺたんこ靴を履きたいという場合もあるかもしれません。ハイヒールを履くメリットは、足が長くみえるということですから、ぺたんこ靴を履くと、足が短く見えてしまう可能性も考えられるため、その場合はウエストの位置を少し高めにしましょう。ウエストの高い位置にベルトがある、アンダーバストから色やデザインが切り替わるといった、ハイウエストを強調するようなデザインのウェディングドレスを選ぶのがおすすめです。

VOICE

先輩花嫁さんの声

  • イラスト

    フルオーダーでビスチェを作りました!

    Fカップ超えなのに背中の開いたドレスをオーダーしてしまったため、ブライダルインナー専門店でビスチェをフルオーダー。見事にぴったりで大満足!参列者にもきれいだったと褒められました♪

  • イラスト

    ビスチェで上半身をスッキリと!

    Fカップでぽっちゃり体型なので、上半身をスッキリさせたくてビスチェとセパレートを試着。ブライダルインナー専門店のセールでサイズぴったりのビスチェがあったので、口コミでも評判もよかったのでそちらを購入しました。

  • イラスト

    ネット通販でジャストサイズを見つけました

    大きいサイズで手ごろなブライダルインナーがなかなか見つからなかったのですが、インターネットでちょうどいいビスチェを発見。ウエストのフィット感が物足りなかったので1サイズ下のものに交換してもらいました。

先輩花嫁からのアドバイス

3Lまで扱っている店舗もありますが、オーダーメイドを利用する手も

大きいサイズのブライダルインナーは料金が高めだったり、なかなか合うサイズがないなど苦労する花嫁さんもいるようです。3Lまで扱っている店舗もありますが、必ず試着をしてぴったりなインナーを選びましょう。専門店でオーダーする方法もあります。

先輩花嫁が教える!おすすめのブライダルインナーショップ

試着の予約をした方も見ています

ウェディングドレスを試着して、お腹周りや少しはみ出るお肉、お尻の引き締まりが気になったりしていませんか?

ブライダルインナーは「ウェディングドレス」に特化した補正下着です。日常的に着用する補正下着とは全く別物!

一生に一度のウェディング。気になる体のお肉などをバレずに補正!その効果を実際に試着して体験してみてください。

おすすめのブライダルインナー専門店を見る